沖縄の宮古島市が辺野古基地工事賛否県民投票を拒否 石垣市も反対明言 玉城デニー知事が不満「全市町村での実施に向けて対応」~ネット「県の意向に従わない自治体に激怒って、じゃあ国の方針に従わない県にも激怒しなきゃおかしい」

【宮古島】米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票について、宮古島市の下地敏彦市長は18日、県民投票実施のための予算を執行せず、県民投票を実施しない意向を明らかにした。 同市議会(佐久本洋介議長)は18日の最終本議会で、県民投票に関する補正予算を削除した修正案を賛成多数(賛成17人、反対5人)で可決。 下地市長が再議に付したが、修正案が同様に可決された。 下地市長は「議会の議決は、住民から選ばれた議員が判断したもので、大変重い」と述べ、市議会の判断を尊重する意向を表明した。 これに対し玉城デニー知事は同日夕、県庁で記者団に「県民投票条例に基づき、県および市町村は県民投票を実施する責務を有している」と述べ、全市町村での実施に向けて対応していく姿勢を示した。 県内で県民投票への不参加を表明した市町村は初めて。今後、他の市町村でも同様の動きが波及する可能性がある。 一方で、投票権の侵害として住民訴訟で市町村長が損害賠償請求される事態も想定される。 議会終了後に会見を開いた下地市長は「普天間飛行場の今後の方向性を示さない今回の県民投票は、宜野湾市民の生命の安全と財産の保全が置き去りになる」などと指摘。 辺野古への移設についても「国全体に関わる問題は国会の場において議論をし、国全体としての意思を決定すべき」として、今回の県民投票は「そぐわない」と強調した。 最終本会議で否決されたのは県民投票実施のための1382万3千円を計上した予算案。討論で、予算案に反対する議員から「賛否のみの二者択一では、多様な意見をすくい上げることはできない」などと意見が上がった。 一方、県民投票に賛成する議員は「知事選で既に民意が示されているというが、政府はそれを認めず土砂投入に踏み切った」などと主張した。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-850690.html https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201812/7b378bee5c7600037c9d435923b9c829.jpg

Read more

【韓国】 元徴用工ら韓国政府を相手に集団訴訟を計画 「1965年の請求権協定で、日本から3億ドルの無償支援を受け取った韓国政府に補償責任がある」~ネット「まぁ、こうなるよね」「時効か賠償か…これどういう判決でも、韓国政府の立場は矛盾だらけになるよねwww」

元徴用工ら集団訴訟を計画 韓国政府を相手に 戦時中に日本企業に徴用されたとする韓国人とその遺族が、韓国政府を相手取った補償金支払いを求める訴訟を計画していることが分かった。 弁護団が20日にソウルで記者会見する。 1965年の日韓請求権協定で日本政府から3億ドルの無償支援を受け取った韓国政府に補償責任があるとして、1人当たり1億ウォン(約1千万円)を求める原告団を構成するとしている。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39094660Y8A211C1FF2000/

Read more

石原慎太郎氏記者会見 「辻元とかいう議員が、海自がソマリア海賊対処に出向くのを阻止するため支持者を唆してソマリア監視に行かせた。監視する船を雇ったらその船主が海賊。怖くなって海自に保護を求めた」~ネット「笑うわ」

Mi2@YES777777777 【辻元なんとか】自衛隊の医療体制改善を訴える記者会見。石原慎太郎氏「辻元とか言うベラベラよく喋る野党の議員が海自がソマリア海賊対処に出向いた時に阻止しないといけないと地元の支持者を唆してソマリア監視に行かせた。監視する為に船を雇ったらその船主が海賊。怖くなって海自に保護を求めた」 【辻元なんとか】自衛隊の医療体制改善を訴える記者会見。石原慎太郎氏「辻元とか言うベラベラよく喋る野党の議員が海自がソマリア海賊対処に出向いた時に阻止しないといけないと地元の支持者を唆してソマリア監視に行かせた。監視する為に船を雇ったらその船主が海賊。怖くなって海自に保護を求めた」 pic.twitter.com/V76qmSYJDe — Mi2 (@YES777777777) December 18, 2018 自衛隊の医療体制改善を訴える記者会見。フィリピンで訓練参加の陸自隊員死亡について、石原慎太郎氏「専用機も使わなかった。運ぶべき人間を運ばずに殺してしまったのは由々しき問題。自民党もコメントしない、溜りかねて枝野君に会って話したいと言ったら、仲間に迷惑をかけるから会いたくないと…」 pic.twitter.com/HdCm7TAtc6 — Mi2 (@YES777777777) December 18, 2018 元東京都知事の石原氏らが自衛隊の医療体制について会見(2018年12月18日)

Read more

高須院長「この人たちはセレブのつもりかな?」 青山の児童相談所建設反対派に~ネット「成金の差別主義者ですね」

高須院長、南青山の児相建設問題に持論「恵まれない隣人に優しくできるのはセレブの誇り」 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が17日、自身のツイッターを更新。東京・港区が南青山に児童相談所などが入る施設を建設する方針を示し、住民から反発が出ている問題について持論をつづった。 ポケットマネーでスポーツ選手のスポンサーを買って出るなど正真正銘の“セレブ”である高須院長。フォロワーから南青山の問題について意見が寄せられると、「恵まれない隣人に優しくできるのはセレブの誇りだよ」とツイート。さらに「優しくしてあげなよ。なう」と続けた。 さらに説明会で反対の声を上げる住民らに対し「この人たちはセレブのつもりかな?やせ我慢のできる品格のある恥を知る特権階級がセレブと僕は思っていたのですが違ってますか?」ともつづっていた。 この投稿には「青山ブランドとか騒いで反対する住民にガッカリです。お金持ちであれば弱者に手を差し伸べてほしい」「先生みたいなセレブが増える事を望みます」「それぐらいのユトリがないと」「本当のお金持ちは心にも余裕が有り、奉仕や思いやる気持ちを持っています」など賛同の声が相次いでいる。 http://news.livedoor.com/article/image_detail/15752010/?img_id=19663807 この人たちはセレブのつもりかな?やせ我慢のできる品格のある恥を知る特権階級がセレブと僕は思っていたのですが違ってますか? https://t.co/oh0KDJVgE3 — 高須克弥 (@katsuyatakasu) December 17, 2018    

Read more

【南京戦の真実】元TBS・鈴木史朗アナ「北京と天津に7年いたが南京事件の話は聞いた事ない」

チャンネル写楽TVさんのツイート 南京戦の真実を追求する会 第九回講演会 元TBSアナウンサーの鈴木史朗さん 南京戦の真実を追求する会第九回講演会元TBSアナウンサーの鈴木史朗さん#南京事件 #南京戦 #鈴木史朗 #阿羅健一 pic.twitter.com/9wyEUdZZFz — チャンネル写楽TV (@Jon2hz7wo5iQ) December 15, 2018 ▼ネット上のコメント ・実にカッコイイ。紳士ですね。 ・南京大虐殺なんか社会人になっていろいろ疑問に思うもん。遺骨は?大虐殺する動機とか不可解過ぎるもん。いかに教科書がク○過ぎるとか教職員はア○過ぎると情けない。こんな教育に税金を掛けるのは情けない。 ・TBSにはこんな人もいたんだよ。今はもう… ・とても良いものをありがとうございます。ただのバイオハザードフリークのおじいちゃんじゃないんですよね。 ・あっぱれやな ・史朗さん!ありがとうございます🙇 ・鈴木史朗さんがTBS時代に、表に出されなかった理由はこれなんだろうか?言論封殺。 ・こう言う方には、いつまでも元気でいてもらいたいね。😸 ・安住さん、一人じゃ無い。頑張って!以外と鈴木さん師匠だったりする? ・鈴木史朗さんがなぜTBSから干されたか一目瞭然

Read more

皇太子殿下が新天皇に即位後、国内移動の新幹線などの貸し切りをやめ、一般客も同乗させることを検討…皇太子殿下が費用に気遣い~ネット「それだけはやめろ!」「絶対にテロされると思う…」「どっちが面倒な事になるとお思いか!」

日テレNEWS24 12/15(土) 0:27配信 皇太子さまが新天皇に即位後、国内移動の新幹線などの貸し切りをやめることも検討されていることが分かった。 来年、皇太子さまが新天皇に即位された後、国内移動の飛行機や新幹線は貸し切りとせず、一般客を乗せることも検討されていることが関係者への取材で分かった。 これまで天皇皇后両陛下の移動では、警備上の理由などから新幹線は全車両を貸し切り、飛行機は機体ごと貸し切りとなっていたが、費用がかかることを皇太子さまが気遣われているという。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181215-00000000-nnn-soci  

Read more

元外務省中国課職員、西山洸氏(28)氏、ソウルに就職情報会社を設立し、日本企業への就職斡旋 「来年は韓国の若者200人を、翌年には中国の若者を日本企業に送る計画です」~ネット「まさに世も末だなw」「後の強制連行問題である」

「日本では大企業でも大学の成績やTOEICの成績はほとんど見ません。それに対して韓国企業は人物よりもスペック(学歴・資格など)を見ると思います」 西山洸氏(28)=写真=はソウル市内で就職情報会社「シャングリラ」を経営している。同社は韓国の若者を日本企業に紹介する会社で、西山氏は今年初めに起業した。9カ月間で韓国人約100人を東芝や日産といった日本企業に就職させたという。 韓国と日本のリクルート市場は対照的だ。日本では今年9月の有効求人倍率が1.64倍と44年ぶりの高水準となった。一方の韓国ではアジア通貨危機以降で若者の失業率が最悪だ。 西山氏は「韓国の若者たちと話してみると、就職前から転職を夢見ているようだと思った」と話す。会社も志願者の可能性よりもスペックをまず見ると言った。 一方、日本企業は韓国よりも「一生の職場となる」という概念が強く、新入社員を「新たな家族」を選ぶように採用するそうだ。西山氏によると、日本企業は採用段階において面接だけで3-4回するという。 「もちろん、学歴も見ますが、学歴よりも重要なのが『この人は私たちの家族になれるかどうか』を見ます。この点で納得が行かなければ、いくら高スペックでも就職は困難です」と話した。 日本では求人が多いので就職が容易だという話は「半分だけ合っている」と言った。企業が求人に積極的で、英語の成績を厳しく要求することはないが、「うちの会社の雰囲気に合う人」でなければ採用されないという。 「自己紹介書に、日本で就職したい理由として『日本のアニメが大好きだから』という程度のことしか書いていなければ、TOEFLが満点でも就職できる確率は低くなります」。 西山氏は元外交官だ。慶応大学経済学部を卒業し、外務省の総合職試験に合格した。外務省中国課を経て、昨年、中国赴任中に退職した。 「日中韓3カ国が緊密に協力する共同体を建設したいという夢がありましたが、歴史問題があって、外務省でこれを達成するのは限界があると考えました。今後は民間で努力しようと思っています」。 韓中日の若者の間に理解の幅を広げるプロジェクトが就職による交流だった。西山氏は「来年は韓国の若者200人を、翌年には中国の若者を日本企業に送る計画です」と語った。 http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018121480072

Read more

ファーウェイ社を過剰賛美? 『モーニングショー』の放送に猛批判 偏った放送のワケは… 直後にファーウェイのCM~ネット「これがジャーナリズムかwww」「ホントにバカしか相手にしない商売に成り下がったんだな」

14日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、番組がファーウェイ社を過度に持ち上げるような報道をしたとして、視聴者の間で議論になっている。 番組では、カナダで逮捕されていたファーウェイ社の孟晩舟副会長が保釈されたニュースを紹介。同氏がピザを取り、それを記者に振る舞おうとしていたこと、カナダ・バンクーバーの自宅から1000万円以上する車、キャデラック・エスカレードに乗り出かける様子を紹介する。 さらに孟氏が「ロシアのプーチン大統領と同じ舞台に立った」などと賛美を連発。「なぜ捕まったのか」については、全く言及されることはなかった。 そしてファーウェイ社の基地局をソフトバンクが排除した理由について、「本当は技術に優れているから使いたかった」などと幹部の話を取り上げ、スタジオに招かれた経済ジャーナリストも「技術が高い」「安くて良質」などと、ファーウェイ社を絶賛した。 一方「逮捕された」事実について話が映ると、玉川徹氏が日産自動車のカルロス・ゴーン氏の事例を引き合いに出し「日本は拘留しすぎる」などと日本の司法と警察を批判した。 その後もファーウェイ賛美は続く。同社の新卒月収が40万円、平均年収1000万円であると紹介。開発環境が良く、東京ドーム27個分の敷地がある、専用の電車があるなどと紹介。「ファーウェイ社が抱える問題」や「なぜ孟晩舟氏が逮捕されたのか」などの疑問については、一切触れられることがなかった。 視聴者が違和感を覚えるなか、話題終了後のCMで誰しもこの特集に至った“答え”を見つけたのではないか。直後にファーウェイのCMが流れたのだ。この事実に、ネットユーザーは激怒。「スポンサーサイドからフォローしてほしいと言われてこの内容になった」「全員スポンサーをかばっているだけだった」などと怒りの声が噴出することになった。 『モーニングショー』とファーウェイ社については、12日に「世界各国でファーウェイ排除が進んでいる」と話題にした際、玉川氏が「中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ」と、中国寄りの発言をして炎上している。それが全て「スポンサー擁護」を目的とした発言だったとすれば、ジャーナリスト失格と言わざるを得ない。 ファーウェイ社が高い技術力を有し、社員の待遇が良いのは事実かもしれない。一方で中国政府や人民解放軍と癒着し、スパイ行為、サイバー攻撃を可能とするためにインフラ構築していると疑われていること、孟副会長が詐欺容疑で逮捕されたことも全て事実。この件について全く触れることなく賛美し続けることは、放送法に定められた「放送の中立性」を満たしていないと言われても致し方ないのではないか。 『報道ステーション』や『モーニングショー』など、その内容に偏りがあると批判されることもしばしばのテレビ朝日。今一度その報道姿勢をチェックしてもらいたいが、その気は全くないのかもしれない。 https://wjn.jp/article/detail/5000878/ ※関連ツイート ファーウェイの特集で中国擁護を連発した玉川徹さん。最後のコメントは「中国がアジアの覇権国になった時に日本はどうするんだ。アメリカとも中国とも上手くやれるのか。選択を迫られる」と。あの中国を選択肢に入れるとは。普段「人権ガー」「独裁ガー」とガーガーうるさいだけのことはあります(笑) pic.twitter.com/rSixQWx4xF — 雨雲🌧 (@N74580626) December 13, 2018

Read more

中国の人質!?カナダ人連続拘束 → 石平氏「中国政府は、いざこざの時に手段を選ばない」「決めるのは中国政府、法律も何もない」

中国の人質!?カナダ人連続拘束 石平 「以前中国人船長が尖閣周辺で捕まった時、中国政府はフジタの社員を拘束。いざこざの時に手段を選ばない。自分達の所が違法行為で捕まったら相手の国の人を誰でもいいから。決めるのは中国政府、法律も何もない。人質として捕まえる。長引くと3人目4人目が出るかもしれない」 ☆ファーウェイ石平「以前中国人船長が尖閣周辺で捕まった時、中国政府はフジタの社員を拘束。いざこざの時に手段を選ばない。自分達の所が違法行為で捕まったら相手の国の人を誰でもいいから。決めるのは中国政府、法律も何もない。人質として捕まえる。長引くと3人目4人目が出るかもしれない」 pic.twitter.com/LJBVzXmOOg — ちぢれ麺 (@chidiremen11) December 15, 2018 ▼ネット上のコメント ・日本の時は一般社員でしたけど、今回捕まったのは政府筋に近い人達です。つまり戦略的捕虜ですね。日本の場合は漁師船の船長だったから、一般社員でやり返すわけです。中国は政府が法律。正に危険な国ですね。 ・見えない「力」「欲」が渦巻く怖いトコ。 ・もーーーうっ!中国といい韓国、北朝鮮といいどうなってるの!危険過ぎる。 ・日本は抗議するだけだから、中国にとっては怖くもなんともない(笑) ・サラッと怖い話をされる石平先生。やっぱり中国と韓国は怖くて行けないわ。万里の長城。早めに見に行っといて良かった。 ・中国のような非民主的な国家は、国連常任理事国の資格を剥奪できるような仕組みにして欲しいわ💢 ・韓国の次に行ってはいけない国になった。危険度から言うと今は中国が一番!韓国はスピッツだけど、中国はドーベルマンだから。 ・中国共産党とはそういう国。大量虐殺とか共産党体制維持の為なら御構い無し。共産党は何処の国でも思想にブレがない。 ・法の無い国は恐ろしいです。 ・この国で事業を展開するリスクです。経営者が責任を取るべきなのです。

Read more

鳩山由紀夫「日本よ、ファーウェイやZTEの製品を排除するな!」「日本は中国と協力すべき」~ネット「こいつも頭に『余計なもの』が埋め込まれてるな」「ポッポはおそらくファーウェイもZTEも何のことだか知らないと思う」

2018年12月10日、環球時報は、日本政府が華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を排除する方針を固めたことに対する鳩山由紀夫元首相の見方を伝えた。 中国の通信設備大手・ファーウェイとZTEは中国の情報機関と関係があるとして、日本政府は両社の製品を事実上排除する方針を示した。 これについて鳩山氏は10日、「改革開放とウィンウィンの提携」をテーマとした「2018従都国際フォーラム」で、環球時報のインタビューに応じ、「日本政府によるファーウェイ排除は米国に従属している現実を体現している」との見方を示したという。 記事によると、鳩山氏は「率直に言って、日本政府が一企業に対して制限措置をとることは非常に不可思議なことで、これはおかしな政策だ」と指摘した。 まず「日本企業はソフト面で最先端であるとは限らず、中国は多くの方面で日本の先を行っている」との見方を示した上で、「貿易上、最新技術を採用するのは当然のことで、日本政府は米国のトランプ政権の影響を受けてこのような政策をとっている」と指摘。 「日本政府がこのような不可思議な手段を採用して中国の一企業を制限することは、現政権がいかに米国に従属しているかという現実を表すものとなっている」と語った。 鳩山氏は続けて、「中国に対して多くの制裁を加える米国のやり方について、日本も同様の圧力を受けている。日本は中国と協力すべきで、協調によって共同して圧力に対処するのが正しい方法だ」と主張したという。(翻訳・編集/山中) https://www.recordchina.co.jp/b669833-s0-c10-d0062.html

Read more