台湾で特急「普悠瑪」号が脱線 18人死亡、168人負傷

特急「普悠瑪」号が脱線 18人死亡、168人負傷 ▼記事によると… ・【宜蘭(台湾北東部)福岡静哉】台湾北東部・宜蘭県で21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、台湾鉄道の特急「普悠瑪(プユマ)」号が走行中、脱線した。台湾行政院(内閣)によると18人が死亡し、168人が負傷した。このうち外国人のけが人として軽傷の米国人女性1人が判明した。台湾外交部(外務省)は、この女性以外に外国人の死傷者はないとしている。 2018年10月21日 20時35分(最終更新 10月22日 01時16分) https://mainichi.jp/articles/20181022/k00/00m/030/065000c 特急列車脱線怖かった… pic.twitter.com/ECRrygGEQl — すみか (@aslangolzine) October 21, 2018 台湾国鉄特急の普悠瑪が宜蘭で脱線事故 負傷者多数だって まじか・・日本人も乗ってるんじゃないのこれhttps://t.co/l5n7dHhycG pic.twitter.com/cYo7V2rHp5 — 中国住み (@livein_china) October 21, 2018  

Read more

大阪・吉村洋文市長「税を使う集団が、税を払う国民より身分がいいのはおかしい」

吉村洋文(大阪市長)のツイート おいおい。国民には消費税を増税で、地方議員には公金で厚生年金か。 国民は国民年金だよ さらに国会議員は定数を増員。 国民は人口減。 官僚は天下り先の株を温存。 国民は高給再就職難しい。 税を使う集団が、税を払う国民より身分がいいのはおかしいよ。 おいおい。国民には消費税を増税で、地方議員には公金で厚生年金か。国民は国民年金だよさらに国会議員は定数を増員。国民は人口減。官僚は天下り先の株を温存。国民は高給再就職難しい。税を使う集団が、税を払う国民より身分がいいのはおかしいよ。https://t.co/JL6uESVxws @YahooNewsTopics — 吉村洋文(大阪市長) (@hiroyoshimura) October 18, 2018 ▼ネット上のコメント ・だって政治家は国民のためではなく、自分の生活のために働いてるんでしょ?こうなるでしょ(ㆆ_ㆆ)それをただそうなんて人は国会にはいないってことです。国民はもう諦めてるんです。 ・言うのは簡単、批判するのも簡単。あなたが国政に出てすべて是正したら、あなたの真価を認めましょう。 ・正論!! ・同じ事を以前 小泉首相が言われていましたね。でも、全然 変わらない。 ・副首都大阪は正しく税金が使われる都として首都東京と差別化を目指しましょう‼ ・国を背負うとは…なんだろうね

Read more

トイレットペーパーの三角折りは実は危険!?病院のトイレの張り紙が話題

トイレットペーパーの三角折り。 自分はわざわざ折らないけど、お店などでトイレを使用した際に折られていたというケースはけっこうあると思います。 もちろんこれ、誰かが良かれと思ってしてくれた行動なのですが…。 とある病院のトイレの張り紙が話題になっています。 写真を投稿したのは、Twitterユーザーのにゃーこ(@Lhn_087)さん。 そこには『トイレットペーパーを三角折りにしないで』とのお願いが記されていたのです。 果たして病院のトイレが『三角折り』を禁止する理由とは? 実際の写真をご覧ください。 三角折りしたら清楚だと思ってる女子達に言い聞かせたい。 pic.twitter.com/ApNmvveXLA — にゃ一こ (@Lhn_087) May 28, 2017 張り紙にはこのように注意書きがされていました。 患者さんへお願い
 
トイレットペーパーを三角折りにしないでください
 
用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります。 言われてみればそうですね! 「手を洗う前にトイレットペーパーを折る=細菌が手についた状態」なのですね。 病気などで免疫力の落ちている患者さんたちへの配慮もあって、このような注意があるのかもしれません。 しかしなんとなく一般的になっているこの三角折り。 そもそも必要なのでしょうか?Twitterでもこの投稿をきっかけに多くのコメントが寄せられています。 清掃員が清潔な手でやるのと、用を足した人がやるのとでは意味合いがだいぶ違ってきますね。 様々な意見がありましたが、『清掃完了の証で折るのはいいが、利用者にはおらないで欲しい』という声が目立ちました。

Read more

BBC記者「あなたは人権弁護士でしたよね?最悪な人権状況の国の指導者と握手するのが不愉快ではありませんでしたか?」

崔碩栄氏のツイート 記者 「あなたは人権弁護士でしたよね?最悪な人権状況の国の指導者と握手するのが不愉快ではありませんでしたか?」 さすがBBC! 韓国にこんな質問できるジャーナリストはいない。日本にもいないだろう。 自国の指導者には遠慮無しだろうけど(笑) 記者:「あなたは人権弁護士でしたよね?最悪な人権状況の国の指導者と握手するのが不愉快ではありませんでしたか?」 さすがBBC!韓国にこんな質問できるジャーナリストはいない。日本にもいないだろう。 自国の指導者には遠慮無しだろうけど(笑) pic.twitter.com/m3jDQAamYv — 崔碩栄 (@Che_SYoung) October 16, 2018 国際的な圧迫で人権状況は改善しない。国際社会との協力、米朝会談などでよくなっていくだろう… — 崔碩栄 (@Che_SYoung) October 16, 2018 BBCインタビューあなたは人権弁護士ですよね?最悪の人権国家の指導者と握手するのは気分がわるくないですか?https://t.co/06p8TQF9LN pic.twitter.com/NTOOypt0QH

Read more

【自衛隊式】目からウロコの防寒方法!100均でお馴染みのアノ商品が大活躍!?

大寒が過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続きそうですね。年々寒くなっているような気もするのは筆者だけでしょうか…?そんな時にオススメしたいのが、100均の商品を使った目からウロコの防寒方法です。 こんな雪の中、外で警備につく事も多い自衛官。身体を動かして作業できれば良いのですが、警備の仕事に就くと、動くことができないので身体の芯から冷え込むものです。 そんな時、少しでも寒さから身を守るため、100均のアノ商品が登場! ジャジャン!お馴染みの雨ガッパで〜す!! シャツの上から雨ガッパを着て… ジャケットを羽織るだけ! ヒートテックと100均の雨ガッパでスマートに防寒できるんです! しかし、少し動くと汗をかいてしまうので、注意が必要です! 筆者も自衛隊に勤めていましたが、冬の警備は辛いものでした。警備が終わってすぐに熱〜いお風呂に駆け込んでも、なかなか冷えはおさまらないのです。あの頃は、ヒートテックも100均もなかったからなぁ…。 それにしても、雨ガッパが防寒に役立つなんて目からウロコですね。今回のアイデアは、日常でも活躍する場面がたくさんありそうです。ぜひ動画もご覧ください!

Read more

韓国「日本にある“高麗遺物”貸して」→ 日本「レンタル後、安全に返してもらえる根拠を示して」→ 韓国「・・・」→ 日本「無理」

日本、高麗遺物の貸出を拒否 ▼記事によると… ・「韓国にあれば国宝や宝物に指定されていたはずの文化財です。(韓国外にあるので惜しいのですが)積極的に韓国内展示を誘致して、研究と観覧をすべきなのに…」 鄭宇澤(チョン・ウテク)前東国博物館長は、日本の東京国立博物館が所蔵している「阿彌陀三尊図」についてこのように説明しながら残念がった。 ・元々この仏画は12月、ソウル龍山区(ヨンサング)にある国立中央博物館で開かれる予定の高麗建国1100周年特別展「大高麗展」で会えると期待されていた。しかし、東京博物館がレンタルを拒否し、祖国への外出は失敗に終わった。「レンタル後、安全に返してもらえる根拠を示してほしい」という日本側の要求を満たせなかったためだ。 ・このような雰囲気は、2012年に対馬で発生した高麗仏像盗難事件が決定的な影響を及ぼした。当時、韓国人窃盗犯が日本の寺院で盗んだ仏像について、昨年、大田(テジョン)地裁が返還要求を拒否し、忠清南道瑞山市(チュンチョンナムド・ソサンシ)にある浮石寺(プソクサ)が仏像を持って行くよう判決を下した。その後韓国文化財を所蔵している海外の博物館や美術館は、遺物が韓国に行けば差し押さえられかねないという不安のため、展示貸出を避けているのが現状である。 16, 2018 08:57 http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1503263/1 ネット上のコメント ・>「レンタル後、安全に返してもらえる根拠を示してほしい」という日本側の要求を満たせなかったためだ。 いや、なんで根拠を示せないんだよwwwww ダメじゃんwww盗む気満々じゃんww ・当たリ前 ・どーせ法律作っても「愛国無罪」が優先されるから同じだよw ・こう言うのを自業自得と言うのかな? ・なんで被害者面なの ・仏像すら返還出来ない国なんぞ誰が相手にするかw ・「身から出た錆」ってあの人たちのためにあるような言葉だなぁ。 ・対馬の仏像の未返還を理由に、貸出拒否できるから楽でいいな。 ・泥棒にお宝を貸してって言われて貸すバカがどこにいるの? ・まず信頼関係が破綻しているから無理だと思います。盗品を返さない上に、保管技術もない国に貸し出すなんてあり得ませんね。

Read more

「客だぞ!土下座しろ!」高校生の女子バイトに執拗に迫る理不尽客。すると店長が凄い剣幕でアルバイトに一言…

僕は、スポーツ用品店でアルバイトをしています。 大学に入ってすぐに始めたバイトなので、かれこれ3年ほど勤めています。 高校生の頃はアルバイトをした事が一度もなく、初めてのバイト。 そして初めての接客業でした。 初めは、中々お客様への対応に慣れず苦戦を強いられましたが、仕事も接客も徐々に慣れ、このアルバイトが好きになり、今でもずっと続けています。 しかし、やはり接客業となれば様々なお客様の相手をしなければなりません。 もちろん、そんなお客様の中にはかなりの痛客もチラホラ… その中でも群を抜いて僕の記憶に残っているお客様との出来事がありました。 僕がフロアの担当をしているとき、高校生の女の子が夏休みの短期でアルバイトに入ってきました。 指導係だという事もあり、僕が付きっ切りで教えていました。 しかし、週末ともなると客入りが多いために中々指導ばかりに時間を費やす事が出来ず、レジ作業やお客様への商品説明に追われていました。 まだレジ作業も覚えたての女子高生のアルバイトは、不慣れながらも一生懸命お客様に対応。 その姿は、まだまだ未熟とは言え立派に誠心誠意お客様へ尽くしていました。 しかし、そんな時。 店内に響き渡る怒号… 何事かと思い、声のするレジ方面へ向かってみると、その新人の女子高生アルバイトにお客様が大激怒しているのです。 何かミスでもしちゃったかな? そう思い、駆けつけます。 しかし、お客様から事情を聞くと何とも理不尽な事で怒っていたのです。 サイズが無いとはどうゆう事? せっかく休みの日に時間作って足を運んでやってるのに無いとはどうゆう事なの!? 激怒して女子高生アルバイトを叱るおばさん。 申し訳ありません。 そちらのサイズは現在在庫が当店にございませんので、他店からのお取り寄せになります。 女子高生アルバイト

Read more

アメリカ人歴史研究家が慰安婦問題捏造の証拠を緊急拡散…「これ以上我慢できない…」

「これ以上我慢できない…」 アメリカ人歴史研究家が慰安婦問題捏造の証拠を緊急拡散… アメリカ人歴史家が韓国人の嘘に騙されないよう、 グレンデール市で慰安婦の記念碑を建てる決議を出したことに反論しました。 歴史学者の視点から見て韓国の日本への批判は嘘や矛盾だらけとの事。 そもそも従軍慰安婦というのは何処の国にもある娼婦であり、 目的は現地民への性犯罪を防ぐのが目的。 韓国の主張は売春婦の存在を認めない、許さないという事。 なら、韓国政府は売春婦を取り締まっているか? もちろん取り締まってはいません。 むしろ政府が外貨獲得のため積極的に輸出しています。 韓国人の売春婦の派遣先は主に日本やアメリカ。 主に日本に大輸出しているくせに 日本の80年前の売春婦に文句をつけているというわけです。 今回はそんなアメリカ人歴史家が拡散した 韓国の慰安婦問題捏造の証拠を紹介します。 慰安婦問題捏造の証拠を緊急拡散 グレンデール市 フランク・クエントロ市議ならびに議会議員の皆様へ グレンデール市議会が永遠に「慰安婦」を記憶するための 記念碑を建てる決議を出したことを読み、 大変不快で残念に思いました。 それはまるで 「アウシュビッツの看守を記憶するための記念碑を建てるようなものだから」 です。

Read more

英BBC、ついに中国の闇の巨大ビジネス『中国臓器移植産業の闇』について報道 臓器の出所元は…

英BBC、中国臓器移植産業の闇を報道 ▼記事によると… ・英BBCは10月8日、『誰を信じるべきか?中国の臓器移植』(Who to Believe? China’s Organ Transplants)と題する番組で、中国臓器移植産業の闇に迫った。 カナダのデービッド・マタス弁護士らは近年の調査で、中国での臓器移植件数は年間10万件と推計している。しかし、ドナー数と一致せず、待機時間が数日~数週間という短さから、巨大な「生きた臓器バンク」が存在しているのではないか、と国際社会から疑いの目を向けられている。 BBCは、7月にスペイン・マドリードで開かれた年次国際臓器移植会議(TTS)に出席した中国「臓器移植界の権威」とされる衛生部副部長・黄潔夫氏を取材した。 黄氏「中国ではすでに1万5千のドナーがいる」 記者「毎年の手術件数は十万件ともいわれているが…」 黄氏「その質問はナンセンスだ。答えたくない」 記者「自分が中国の病院に電話したら、すぐに肝臓移植ができると言われた。どうしてこれが可能なのか?」 黄氏「その質問は聞きたくはない、答えたくない。誰かの政治的意図がある質問には答えない」 BBCの取材に答えた在英の法輪功学習者で、2017年まで収監されていたという劉ハイクァン(音訳)さんは、収容所では定期的に血液検査が行われており、収容所内のすべての法輪功学習者が受けていたと証言した。別の女性学習者は、収容施設から医療機関へ移送された法輪功学習者たちを対象に超音波、X線などによる身体検査が行われたと述べた。 ・臓器移植件数と、実際の手術数、ドナー数が合致していないのは明らかで、ドナー以外の臓器の出所元は、拘束されたウイグル人、チベット人、思想犯として囚われた法輪功学習者、地下協会信者などが考えられると述べた。 2018年10月13日 12時32分 https://www.epochtimes.jp/2018/10/36992.html ▼全文(英語) 音声放送:Who To Believe? DiscoveryChina’s

Read more

李容洙さん「体に電流を流され気絶」→ ネット「その当時 日本の電気椅子や電流を流す設備があったという事実はありません。嘘つきも大概にしろ!」

apioさんのツイート その当時 日本の電気椅子や電流を流す設備があったという事実はありません。 これは断言します! 嘘つきも大概にしろ!💢 💢その当時 日本の電気椅子や電流を流す設備があったという事実はありません。 これは断言します!嘘つきも大概にしろ!💢 pic.twitter.com/49deFqJkyw — apio (@apio_apio1516) October 13, 2018 ▼ネット上のコメント ・いつも思うことは、こういう嘘を平気で報道する日本の報道機関の売国性です。この記事を載せた新聞社はどこですか? ・このBBAは狂ってる ・このオバハンはスタローン主演の映画「ランボーⅡ~怒りの脱出~」の拷問シーンを見て「これだ!」って虚言を考えついたんだろうなぁ(呆) ・右太ももと両腕にあとが残るはずだけどね。事実なら。 ・うちの婆ちゃんも亡くなる前は、訳わからん作り話して皆を誹謗中傷してましたよ。痴呆症って悲しい病気ですね。 ・すげえ、日本軍ってスタンガンみたいなの持ってたんやね ・正式な謝罪と法的賠償・・・被害者ビジネスのお決まりのキャッチフレーズみたいなものですな・・いい加減聞き飽きた。 ・失礼いたします。これですね?😅💦  

Read more