「どんな理由でも駄目です」怪我した老人を助ける為にテストを遅刻するも、再試を拒否された進学校の生徒。そんな学校を変える”一本の電話”が掛かってきた

進学校であればあるほど、勉強に対しての意識が厳しいもの。 そうした意識が起因してか、「試験至上主義」に陥っている教育現場も、実は少なくありません。 関東圏にある、とある私立進学校。 その日は学年末考査の日。 一人の女子高生が学校に向かい歩いていると、目の前に驚きの光景が広がっていました。 おばあさんが一人、道で倒れていたのです。 その隣には、重そうな荷物の袋が倒れていました。 どうやら足を捻ってしまっている様で、苦しそうな表情をしながら顔を埋めています。 急いで携帯で救急車を呼び、荷物を脇にどけ、おばあさんに寄り添っていました。 数十分して、救急車が到着。 もう既に高校には遅刻の時間だったので、一緒に救急車に乗り込みます。 その中で学校に電話し、簡単に状況を説明して遅刻する旨を伝えて電話を切りました。 結局おばあさんは足を捻挫していましたが、命に別状はなかったので一安心。 その後おばあさんからお礼と試験に遅刻させてしまったことへの謝罪がありましたが、おばあさんが無事だったことが何よりも良かったので、その女子高生は笑顔でその場を去りました。 しかし、この後、彼女に何とも酷い出来事が訪れます。 遅刻して学校に到着するも、学年末考査を受けさせないと言われたのです。 学校へは遅刻している時間だったものの、試験開始時間前に状況を説明した電話をしていた彼女。 「電話も事前にしていたのに、なんでダメなんですか?」と、試験を受けさせないと言う教師に向かって食らいつきます。 すると教師は表情も変えずに、淡々と 「どんな理由であっても、あなたの都合で試験に来れなかったのだから、追試なんてありません」 「親族でもない人が怪我していたからと言って、あなたが試験を受けられない理由になりません」 「そんなこと言ったら、世の中の誰かが怪我しているからといって、いくらでも追試や再試を受ける理由が作れてしまいます」 と言ってくるのです。 なんてめちゃくちゃなことを言っているのだろう、と彼女は思ったそう。 目の前で人が倒れているのに、それを助けるという行為がなんで受け入れられないのか?

1K Shares
Read more

「こどもの詩」がどストレートすぎて腹筋崩壊!電車の中で読めない逸材な詩集

皆さん「こどもの詩」をご存知でしょうか? 「こどもの詩」は読売新聞で長く連載されているコーナーの1つで、中学生以下の子どもたちが思いのままに書き綴った詩を投稿し、それを著名作家の方々がコメントする内容です。 ここに掲載された子供たちの詩をよく読んでみると、大人たちが思いつかないような斜め上の発想で書き綴っており非常に面白いと話と話題を集めています! 今回、そんな面白すぎる「こどもの詩」を厳選してご紹介します!! 「こどもの詩」が面白すぎて、さっきから読み漁っている。 pic.twitter.com/5StmcxOVBd — まことぴ (@makotopic) September 5, 2016  

11K Shares
Read more

パパがご飯を食べない息子に「ある一言」!すると食事が楽しすぎる時間になった

全国のお父さん、お母さん。 お子さんをお持ちの皆さんは、一度はこんな経験をされたことがあるのではないでしょうか? 「子供たちが全く言うことを聞いてくれない・・・」 言うことを聞かず、走り回りながら様々な物を撒き散らす子供の行動に、お父さん、お母さんは片付けながら後を追うこともあるかと思います。 そんなとき、 「うちの子、本当に大丈夫かな?」 「育て方が悪いのかな?」 なんてネガティブな思いを募らせたこともあるかと思います。 今回ご紹介するのは、普段なかなか家に帰ってこれない多忙なお父さんが、走り回る我が子に諭したある言葉。 この言葉が子供の心に突き刺さり、そして子供の行動が改善され、そしてお母さんもその言葉から様々なことを感じ取る心温まるエピソードです。 皆さんはこのエピソードを読み、どう感じますか? 私には二人の息子がいます。 長男(太郎)は3歳半 次男(次郎)は1歳です。 最近長男が 『ごはん食べたくない!!たろう、おかし食べる!』 と、ろくに食事をしないで間食ばかりしてしまうのです。 その日もいつものように私と長男、次男の3人で夕食をとっていました。 手がかかる次男の近くに私が座って、困惑しながらも手づかみ食べを見守っています。 すると、玄関のドアが開きパパ(主人)が帰ってきました。 平日の子供たちの食事の時間に帰れることはとても珍しいので、子供たちは大はしゃぎでした。 しばらくしてごはんをまだ全体の2割も食べていないうちにいつものように長男が 『もうおなかいっぱーい! アイスにしよ!』 と言いました。

323 Shares
Read more