障害者専用Pに堂々と停め、昼寝を始めた営業マン。そこに現れたバイク集団が営業車を囲み『ある制裁』を・・・

障害者専用パーキング。 今では、どこの商業施設にでも備え付けられており、障害者の方がスムーズに施設を利用出来る様、配慮されて設置されています。 ほとんどは、施設の入り口付近に配置されており、他の駐車スペースと比べて比較的広めに作られている事が多いですね。 体の不自由な方にとっては、とても便利なシステムですが、通常の駐車場よりも数が少ないのも事実。 そんな現状の中、そもそものルールを平気で破り、障害者でも無いのに平然とこの障害者専用スペースの駐車場へ車やバイクを停める人が後を絶ちません。 実際に、このスペースの使用者は8割が健常者だと言われています。 もちろん、他駐車場が満車で”係員に指示されて停める場合や、満車時駐車可等の掲載がされている場合”はその限りではない事も。 ただ、他の場所が空いているのに「入り口に近いから」「屋根が付いていて雨に濡れないから」「駐車スペースが広いから」そんな理由で停めている人も多くいる様です。 一人の営業マンが、まさにこの「他駐車場が空いているのに堂々と」障害者専用スペースに駐車し、さらにはそこで昼寝をしようとしていたそうです。 他の人も軽蔑した様な視線を彼に送っていましたが、そんな事はお構い無し。 と、そこへたまたまやって来たバイクの集団に目を付けられ、凄まじい事態に見舞われる事に。 彼への制裁はとてつもないモノでした。 かなり広めの駐車場を完備している道の駅で、休憩を取ろうと車を停めてトイレへ立寄りました。 そこに、トイレ目の前にある障害者専用駐車スペースに一台の車が停まったんです。 明らかに「株式会社◯◯◯」と書いた営業者で、「ん?」と思った私は降りて来る人を見ていました。すると、中からはバシッとスーツを決め込んだ元気そのものの男性が登場。 ぴんぴんした様子でトイレへ! 他にはたくさんの駐車場が空いているのに、あえてここを選ぶなんて「こういう人嫌だなぁ」そう旦那と話しながら、私たちもトイレへ行き、飲み物を買い車へ戻ろうとした時でした! 引用:原文 またその営業マンと遭遇。 すると、車に乗るやすぐさまシートを倒しその場でお昼寝開始! 「せめて移動しろよ!」と声が出そうになったその時、道路の方から「ブォンブォン」と激しい音を鳴らしながら入って来るバイクの集団が6台入ってきました。 私は車に戻ろうとするとその集団がこちらの方へ近づいて来たんです。 もしかして彼等も障害者駐車場に停めるの?と思ったら大違い。 一度、障害者駐車場を通り越すと、またすぐ戻って来て、その営業マンが昼寝をしている営業車を6台のバイク集団が取り囲む様にして停めたんです! そこからはもう凄まじかったですよ…!

576 Shares
Read more

駐韓日本大使だった 大島正太郎氏の前で原爆酒を披露する韓国人社長…大島氏の母親は広島原爆で亡くなり 大島氏も被爆者

@ayarin14さんのツイート 韓国には爆弾酒という ビールと焼酎を混ぜた酒がある 2005〜2007年駐韓日本大使だった 大島正太郎氏の前で原爆酒だと 揶揄して下品に揶揄う 怒りに堪える大島氏 大島氏の母親は広島原爆で亡くなり 大島氏も被爆者ですよ 酷い民族だよね…日韓友好❌だよ 韓国には爆弾酒というビールと焼酎を混ぜた酒がある2005〜2007年駐韓日本大使だった大島正太郎氏の前で原爆酒だと揶揄して下品に揶揄う怒りに堪える大島氏大島氏の母親は広島原爆で亡くなり大島氏も被爆者ですよ酷い民族だよね…日韓友好❌だよ pic.twitter.com/zRdXv4CrQq — ayarin1 (@ayarin14) November 1, 2018 韓国には爆弾酒というビールと焼酎を混ぜた酒がある2005〜2007年駐韓日本大使だった大島正太郎氏の前で原爆酒だと揶揄して下品に揶揄う怒りに堪える大島氏大島氏の母親は広島原爆で亡くなり大島氏も被爆者ですよ酷い民族だよね…日韓友好❌だよ pic.twitter.com/zRdXv4CrQq — ayarin1 (@ayarin14) November 1,

3K Shares
Read more

電車で靴のまま椅子に立ちあがり騒ぐ子供と、制止しない母。それを見た3人組の高校生が、驚きの行動に・・・

お茶の間や社会の中で、よく「最近の若い子は・・・」という言葉を耳にすることはありませんでしょうか。 若い子の行動や態度、考え方を否定する言葉ですが、筆者も様々な大人と接する機会がある中で、こうした言葉をよく口にしている人と出逢います。 確かに、大人から見て、稚拙な問題行動に走る若い子もいることは事実です。 しかし私たち大人が若い子を蔑む程、実際には大人もしっかりしていないのではないかと思うことは、多くの人と接する中でたくさん感じたりもします。 読者の方に寄稿して頂いたJR総武線での出来事も、正にそう感じざるを得ない出来事です。 幼稚園児くらいの、二人の子供を連れた女性が斜めの方に座っていたのですが、その子供たちがとてもうるさく騒いでいました。 靴のまま椅子に立ったり椅子の上で飛び跳ねたり、大きな声を出したりと、とても公共の場のマナーとしては宜しくない状況。 しかし隣に座るお母さんは、携帯をずっといじり、子供を制止するどころか、子供の方を見向きもしませんでした。 そんな時に、津田沼駅で、3人の高校生が乗車。 子供たちの少し近くに立っていると、子供たちが騒いでいることに気が付きます。 するとその高校生たちが、子供に向かって、驚きの行動に移るのでした。 まず一人の高校生が子供の方をジッと見つめ、子供が高校生に気付くまで待ちます。 視線を感じ一人の子供がその高校生を見ると・・・ 高校生は、口元に人差し指をあてて「静かにするんだよ」と呼びかける様に、「シー」とジェスチャーをしたのです。 恐らくお兄ちゃんと思われる子がそれに気付きましたが、もう一人の子供は靴のまま後ろを向いて椅子の上に立ち上がり、高校生に気が付きません。 するともう一人の高校生が、こっちに気付いている子供に向かって「隣の子、隣の子」という様に指で隣の子を指し、今度は空気椅子の様な体勢を取って「前を向いて座る様に」と促したのです。 子供は最初は意味がわからずに、ボーッとその動作を見ていて動かなかったのですが、その後その意味に気付いたのか、靴を履いたまま後ろ向きに立っている子供のズボンを引っぱり、「座りなよ!」と言ってちゃんとその子供を座らせたのでした。 子供二人が前を向いて座ると、高校生は満面の笑みで親指を立てて「ナイス!」みたいなジェスチャーを子供に投げかけて、子供もそれを見て嬉しくなったのか、満面の笑みで前を向いて座っていました。 何とも暖かい、高校生の行動。 しかし、その間、携帯をいじっていた母親は、一度もそのやりとりに気付かずに、ずっと携帯をいじっていたというのです。 私たち大人が、まだ若い子に向かって「最近の若い子は」と蔑むのは、簡単な事です。 しかしそんな若い子よりもマナーがなかったり、気遣いや想いやりがない大人も、現実にはたくさんいます。 立派な大人が増えることが、世の中をよくする一番の方法論。 誰かを蔑む前に、自分自身は立派な大人でいることができているかを定期的に自分自身で見つめ直すこと。 それが今、私たち大人に必要なことではないのでしょうか。

1K Shares
Read more

日本にICJ提訴されると韓国は非常に困る、と韓国人記者が暴露 国際世論戦で不利になってしまう

1:荒波φ ★ :2018/10/31(水) 08:35:26.14 ID:CAP_USER 韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が30日、大法院(最高裁に相当)強制徴用判決をめぐり関係部署長官会議を招集した後に出した公式立場には政府の負担と苦心がにじみ出ていた。「強制徴用被害者の傷がはやく最大限癒やされるよう努力する」としながら「政府は韓日両国の関係を未来志向的に発展させていくことを希望する」と併せて明らかにした。 立場文も高位当局者が直接発表する形ではなく、国務総理室ホームページに掲載するのみだった。外交部当局者はこの日記者団と会い、「歴史懸案というのは一日で解決されるものではない。この部分はこのまま切り離し、未来志向の関係に進んでいく」として従来のツートラック基調を再確認した。 だが、政府としては1965年韓日協定締結以降、53年間維持してきた立場と正反対の大法院判決が下されたこと自体が負担となっている。外交部当局者は判決により従来の政府立場を変更するかどうかについては「今すぐ予断できる状況ではない。65年請求権協定に対する判決文の内容等をもう少し綿密に検討してみる必要がある」と答えた。 今回の判決は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権だった2005年に政府が確立した立場とも対峙する。当時政府は韓日協定交渉関連外交文書を全面公開し、国務総理室傘下に「韓日会談文書公開官民共同委員会」を発足させて請求権協定の効力範囲に対する解釈を出した。 強制徴用被害者の個人賠償請求権は65年協定で消滅し、政府としては被害者を救済する道義的責任があるということが結論だった。李海チャン(イ・ヘチャン)共に民主党代表が当時首相として共同委員長を務め、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情首席として委員に名を連ねた。 政府は内部的には日本の攻撃に対応する案をめぐっても苦心している。日本は国家間紛争を扱う国際司法裁判所(ICJ)への提訴を検討している。だが、関連専門家によると、提訴しても必ずしも裁判まで進むわけではない。韓国はICJに加入しているが、規定第三十六条2項の「強制管轄権」は受け入れていないためだ。日本の提訴に韓国が応じなければそこまでだ。 峨山(アサン)政策研究院のイ・ギボム国際法センター長は「この場合、ICJに管轄権がないので日本が一方的に韓国をICJに引っ張っていくことはできない」とコメントした。 韓日請求権協定にともなう仲裁も同様だ。請求権協定第三条は、協定内容に異見がある場合、両国は外交的努力を通じて解決しなければならず、これさえも難しい場合には仲裁手順を踏むようになっている。しかし、強制できる条項はない。したがって日本政府がこれを要請するとしても韓国が応じなければ仲裁を成立させることはできない。 結局、日本が念頭に置いているのは「国際世論戦」だ。国際法的な解決が物理的に不可能だったとしても、問題提起を通じて「韓国が両国間条約を守る信義・誠実義務と国際法精神に違反した」という点を強調することができる。韓国政府にとっては外交的負担となりうる。 一方、大法院は日本企業の賠償責任を明示したが、現実的に新日鉄住金(旧・新日本製鉄)が被害者に慰謝料を支払う可能性は低い。慰謝料の支払いを拒否する場合、今回の訴訟で勝訴した原告が大法院判決を根拠に強制執行を試みることができる。 ただし、日本裁判所がすでに原告敗訴判決を確定した点を考慮すると、強制執行をしてもその対象は日本企業が韓国に保有している一部の財産だけに該当する見通しだ。この過程で政府が介入する余地は事実上ない。政府当局者は「基本的にこれは民事訴訟の領域」と説明した。 2018年10月31日07時39分 [中央日報/中央日報日本語版] https://japanese.joins.com/article/616/246616.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news 3:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2018/10/31(水) 08:37:00.71 ID:lrR/3PCY 敵国に情けは無用 6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2018/10/31(水)

2K Shares
Read more

「これはさすがに病院に…」

ちぢれ麺さんのツイート 【福島みずほ議員の意味不明ツイート】 居島一平 「泥酔状態だったんですかね?」 コーヒー噴いたじゃないか🤣 【福島みずほ議員の意味不明ツイート】居島一平「泥酔状態だったんですかね?」 コーヒー噴いたじゃないか🤣 pic.twitter.com/HQWGR7US1w — ちぢれ麺 (@chidiremen11) October 30, 2018 虎ノ門ニュースをご覧頂いた皆様、ありがとうございました。まだの方はタイムシフトをご覧下さい。それにしても後半で取り上げた福島みずほさんのツイート…やはり日本語に違和感があります。最近のこれも何かおかしい。 pic.twitter.com/rupXYPjFJZ — KAZUYA (@kazuyahkd2) October 30, 2018 ▼ネット上のコメント ・出た!みずぽ議員の迷言の最高峰クラス! ・Google自動翻訳

3K Shares
Read more

軍事評論家・高部正樹氏「安田純平氏が普通なのがとても不思議。捕虜は1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなる」

この方が普通なのがとても不思議。 私は敵味方の捕虜何人も見た事あるがみんな1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなった。 捕虜交換で帰ってきた兵士は30前だったのに髪の毛真っ白になって幽霊みたいになってた。 この人は屈強の特殊部隊兵士の数倍もタフだというのかな https://t.co/6vD2hSzwO4この方が普通なのがとても不思議。私は敵味方の捕虜何人も見た事あるがみんな1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなった。捕虜交換で帰ってきた兵士は30前だったのに髪の毛真っ白になって幽霊みたいになってた。この人は屈強の特殊部隊兵士の数倍もタフだというのかな — 高部正樹 (@takabemasaki) October 25, 2018 https://t.co/0Er9MDK9Eiまず英雄という言葉の安売りはしてほしくないし、その前にどの部分を指して英雄というのかまったく意味がわからない…( ・-・) — 高部正樹 (@takabemasaki) October 24, 2018 ▼ネット上のコメント ・そう考えると死んでも捕虜にだけはなりたくないですね(-ω-;) ・拘束されていた期間を考えると数倍では済まないような。 ・良くも悪くも空気読めてないのかもしれませんね ・確かに言われてみれば、『本当に地獄』だったらカメラ目線やらインタビューどころじゃない気がいたします。 ・なんで、襟髪整えて、汚いひげ剃らんの🤔

1K Shares
Read more

親友カップルと居酒屋で食事。親友の彼女が男子トイレ前へ来て、コッソリ手紙を差し出し、お願いをしてきた。

僕には、中学生時代からの大親友がいます。 中学の時から、部活や遊ぶ時も常に一緒にいた親友で、大学生になった今でも週に一度は遊んでいる程の仲。 大学へ進学して暫く経ち、同時期に彼女が出来たんです。 そのせいか、あまり二人で遊ぶ時間が無くなった事もあり、「じゃあ、お互いの彼女を紹介し合って、連休に旅行でもしよう」という話になりました。 実は、僕達二人が同時期に彼女が出来たのは初めてで、昔から「同じ時期に彼女が出来たら温泉旅行とかダブルデートしたいな」そう話していたんです。 いきなりどこかに旅行するというのもお互いに緊張するので、先ずは、顔合わせを込めて4人で食事へ行く事に。 そして、4人で初めての食事の日、僕はその親友の彼女から”あるお願い事”をされる事になりました… 僕含め、僕の彼女もすごく緊張して待ち合わせの居酒屋へ。 既に親友カップルは到着していて、先に席で待っていました。 双方が顔を合わせ、ちょっと顔を赤くした様子で「初めまして」と挨拶をして会がスタート。 彼女同士は、すぐに打ち解けたのか、楽しそうに話していたので僕達はホッとしていました。 次は4人で温泉旅行にでも行こう!と話をすると、女性陣はさらに盛り上がって喜んでくれました。 ワイワイ温泉の場所をどこにするかなど話している最中に、僕はトイレに…終えて席へ戻ろうとトイレの扉を開けると、そこには親友の彼女が立っていました。 「どうししたの?」と話しかけると、 「お願いしたい事があるから、これを読んで欲しい!トイレ長いと怪しまれちゃうから。」 そう言い、手紙を手渡されたんです。 何だろう…?と思いながら、手紙を見てみると、そこにはこう書いてありました。 「初対面でこんなお願いしてごめんなさい。◯◯君(親友)にペアリングを渡したいんだけど、号数が分からなくて困っていて。上手く聞き出してくれませんか?お願いします!」 と、LINEのIDが書かれた走り書きの手紙が。 なるほど…。 こんな凄く素敵なサプライズ計画に、協力しないわけがありません。 何より、大親友の事をここまで思ってくれている事を知ってすごく嬉しくなりました。 後日、親友の指輪の号数を上手く聞き出し、彼女にLINEで号数を伝えました。 そして、約一ヶ月後に4人で伊豆へ温泉旅行へ。 ふと彼達を見ると、親友の薬指と彼女さんの薬指には、シルバーの指輪がキラキラと輝きを放ち、お揃いのペアリングがしっかりはめられていました。

240 Shares
Read more

ほんこん、安田さん自己責任論に「国家が親で国民が子とすれば言うこと聞いて危ない所に行けへんのも子供の責任ちゃう?命は誰も守らなあかんけどもっと考えて欲しい!」

安田純平『自己責任論』について ほんこん「国家が親とすれば国民は子や。ほんなら国家の言うことを聞いて危ない所に行けへんってのも子供の責任ちゃうのって俺は思うねん。そっからの命は誰も守らなあかんよ。そないなるけども、俺はそこに行くことをもっと考えて欲しいなって思いますけどね」 安田純平『自己責任論』についてほんこん「国家が親とすれば国民は子や。ほんなら国家の言うことを聞いて危ない所に行けへんってのも子供の責任ちゃうのって俺は思うねん。そっからの命は誰も守らなあかんよ。そないなるけども、俺はそこに行くことをもっと考えて欲しいなって思いますけどね」 pic.twitter.com/EpUg9pE8lj — ブルー (@blue_kbx) October 27, 2018    

2K Shares
Read more

バス停の地ベタに座る女子高生5人。おばさんの杖が引っかかり「イッてーな!」と振り向くと、全員目が点になった

周囲に、中学校や高校が多く点在する区域。 住宅街も多く、幅広い年齢層の利用者が多いバス停でした。 このバス停は、夕方になると必ずと言っていい程、近くの中高生で溢れ返ります。 多い時間帯は、バス停が人気繁盛店の様に行列を作っている事もしばしば… そんないつもと変わらないバス停で起きたちょっとした出来事。 私は、この近くの専門学校に通っているため、このバス停を毎日利用していました。 ただ憂鬱なのは、夕方の帰宅時刻にバス停に行くと、必ずそこを”占拠”している集団がいたのです。 それは、近所の高校に通っている女子高生の集団。 その日もいつも通り5人の女子高生がバス停前の地べたやベンチに座り込み、荷物を広いスペースを使って置き、お菓子を食べ大きな声で話す始末。 バス停に並んでいる誰もが、出来ればベンチに座りたい気持ちがあるのに、彼女達が完全にその周囲を占拠しているせいで、誰も近寄れません。 やはり、女子高生と言えど恐いものです。 そんな時でした… 一人の腰が曲がったおばあちゃんがベンチの空いたスペースに座ろうと女子高生の間を通り抜けようとして、杖が一人の女子高生の腰に「ガン」と当たってしまったのです。 すぐさま女子高生が「イッてー!」と言い振り向くと、そのおばあちゃんの前にサッと割って入って来たある人物が… 女子高生は、その人と目が合った瞬間凍り付き、目が点状態になってしまいました… ほぼ腰が90度近く曲がっている、おばあちゃん。 私達が見ても、歩いたり立っているのが辛そうで、女子高生など脇目もふれず隙間のベンチへ… しかし、そのおばあちゃんの杖が不運にも女子高生の腰に命中。 そもそも、地べたに座り込んで塞いでいる女子高生が悪いのですが、そんな正当な意見など彼女達には通用しません。 杖が当たった女子高生が、「イッてー」と大声をあげて後ろを振り返り、他の女子高生もその声に反応して一斉におばあちゃんの方向へ目を向けます。 バス停に居合わせた誰もが、光景を見ていた皆が「これは大変な事になる…」そう思った瞬間、おばあちゃんと女子高生の間に一人の男性がサッと割って入ったのです。 その男性は、見るからにガラの悪そうなおじさん。 体格がいいのは勿論ですが、何よりその風貌はまさにチンピラ風でした… 文句を言いたそうに振り向いた女子高生を”ギロッ”と鋭い目つきで睨みつけ、こう話続けました。 悪いな、今蹴っ飛ばしたん俺や。

738 Shares
Read more

【プロ】戦場カメラマン渡部陽一さんの戦場取材の掟 → 自分の身を護ることに最大限の注意を払いお金もかける。捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格

@muramuradesignさんのツイート 戦場カメラマン渡部陽一さんの「戦場取材の掟」を読むと、「自分の身を護ること」に最大限の注意を払いお金もかけている。 「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」は至言。 戦場カメラマン渡部陽一さんの「戦場取材の掟」を読むと、「自分の身を護ること」に最大限の注意を払いお金もかけている。 「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」は至言。 pic.twitter.com/CtIyZ5TCH4 — むらむら㌠ (@muramuradesign) October 24, 2018 ▼ネット上のコメント ・全くの同意で御座いますよ。特にボディガードは破産しててもいいからとにかく雇えですね。そこをケチったら痛い目に遭う ・どっかの誰かさんに聞かしてやりたい‥‥ ・プロ ・カメラマンやジャーナリストはいわば黒子。自身がニュースの種になるのは恥ってわけですな。 ・流石渡部陽一さん、沢山の戦線を歩いてるからそれに応じた最善策のとり方が分かってる ・自走砲って、20kmぐらいの長射程らしいので部隊はかなり後方に陣取るんでしょう、用心深い。 ・これは是非テレビでも拡散してほしい。戦場ジャーナリストは大事な存在だが、称えるべきは捕まった人ではなく、無事に帰ってくる戦場ジャーナリストだ。 ・「危険を回避する」「人に迷惑をかけない」がジャーナリストの基本ですよね。 ・収入のほとんどをボディーガードに使ってるみたいだし、本物のプロってこう言う人のこと言うんだねー ・よく渡部陽一さんて過去にあんな危険地域いっぱいいってたのに拉致されなかったなーって関心しちゃう。プロやね

4K Shares
Read more