後藤厚労相、マスク着用「もともと『外してよい』との考えだった」

後藤厚労相、マスク着用「もともと『外してよい』との考えだった」
記事によると…
・後藤茂之厚労相は20日の閣議後の記者会見で、屋外でのマスクの着用について「屋外でも身体的距離を置いた場合は、もともと『外してよい』との考えだったが、国民に十分に伝わっていなかった」と述べ、今後、国民に丁寧に説明を尽くす考えを示した。

・政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の専門家有志は19日、屋外で周囲との距離が十分、確保できない場合でも徒歩移動などで会話が少なければ必ずしもマスクを着用する必要はないとの見解をまとめた。

2022/5/20 11:21
https://www.sankei.com/article/20220520-5OHXPHYAN5MFXD4RDJKZ3RRHWI/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

・前から分かってたけど責任取りたくないだけだろ?

・今更感満載

・うそつけ!ここに来て世論に逆らえなくなって軌道修正しただけだろ(*`皿´*)ノ

・マスコミが一斉に脱マスクだの言い出したのって、外国人をノーマスクで国内に入れるためだよね

・個人の意見はどうでもいい

・言い訳か。外人の移動だけ規制してれば良かったんだよ。通り、マスクは外に出る病人だけでいいんや。感染者≠患者だし。

・責任逃れで草

0 Shares