韓国の漫画家、韓国選手団の垂れ幕を批判「私の祖国というのが恥ずかしい」「ああしておいて、日本のおいしい食事や親切なサービスはちゃっかり利用するんだろう」

韓国の漫画家「私の祖国というのが恥ずかしい」…韓国選手団の垂れ幕を批判
▼記事によると…

・韓国の漫画家、ユン・ソイン氏が、東京五輪の選手村で韓国が掲げた垂れ幕について、繰り返し批判の声を上げている。

ユン氏は20日、自身のフェイスブックに「何も掲げなければいいのに。何も掲げないことがそんなに難しいのか?」と書き込み、韓国が選手村に新たに掲げた『虎が下りてくる』の垂れ幕に言及した。

 ユン氏は「脊椎の曲がった虎の絵をぶら下げておいて『虎が下りてくる』だって?」「『このくらいなら日本は何も言えないだろう』と卑怯な気持ちで無意味なシンボルを掲げておいて、また何か言ってくるか来ないかと様子をうかがい、いつもこう拙速にやって本心がバレバレ。その心はどれだけ貧しいことか」と書き込んだ。

 さらに「私だったら、垂れ幕を掲げるなら『世界人の祭典に参加できてうれしい』とか『難しい時期だけどみんなで頑張りましょう』などと書く」として「肯定と応援、和合、幸福、余裕が何なのかも知らず、何かにつけて悪意的かつ敵対的で『手出ししたらタダじゃ済まないぞ』と威嚇する国が自分の国だというのが非常に悲しい」と続けた。

 ユン氏はこれに先立ち、韓国チームの滞在している選手村の建物に掲げられた『臣にはまだ5千万の国民の応援と支持が残っております』という横断幕をめぐっても「よその宴の会場まで行ってわざわざやることか」と批判していた。

 ユン氏は「ああしておいて、ホストが提供するおいしい食事や親切なサービスはちゃっかり利用するんだろう」「五輪精神なんてXにあげてしまえ。行かないと大声でほざいておきながら、こっそり行くなんて恥ずかしい」と書き込んだ。

7/21(水) 21:47
>>全文を読む
ネット上のコメント
・真っ当な方がいた!! 叩かれないか不安!

・真っ当な方もいられるだよ!

・まともな人が住みにくい韓国

・むしろこっちからすれば この人の方が愛国心を感じるのだけど 感情優先だから否定されるだろう

・まっとうな意見ですね

・まともな意見だな。どうせ批判殺到で謝罪させられるんだろうけど。

・これまでも似た幼稚なこと散々してますからね、ちょっと気づくの遅いです

0 Shares