北の富士さん、白鵬に苦言「44回も優勝してもまだあのような汚い手段で優勝したいのか」

【北の富士コラム】白鵬には愛想が尽きた…44回も優勝してもまだあのような汚い手段で優勝したいのか
▼記事によると…

・元横綱の北の富士がコラム記事を公開し、白鵬を批判

・大相撲名古屋場所14日目に行われた相撲は、白鵬が手段を選ばず勝てばいい気持ちが露骨に出た相撲だった

・白鵬の相手である正代は、強烈な張り手に呆然となり、反撃する気力を完全に失ったという。

・白鵬は相手の仕掛けを警戒するあまり、この戦術を思いついたのかもしれないが、誰が見ても理解し難い相撲

・北の富士はこれほど度肝を抜かれたことはないとし、今回の相撲は理解できない、愛想が尽きたとした。

・44回も優勝してもまだあのような汚い手段で優勝したいのか。子供の相撲大会を10年も続け、そこから角界入りした子がたくさんいる。中には幕内になっている子もいる。すでに内弟子にも炎鵬、石浦、今場所幕下優勝した北青鵬の有望力士がいる。白鵬の弟子育成の手腕を買っていただけに、この相撲をこの子らにどう説明するつもりか。

・また、今までは白鵬の理解者と自負してきたが、この日を限りやめることにしたとのこと。

2021年7月18日 05時00分

ネット上のコメント
・ルール上問題ないんやろ?ならいいじゃん
・ルール違反じゃないのに勝手に汚いとか言われて可哀想
・くだらねえ美学持ち込んでんじゃねえよ
・本気で勝ちに行くのはええやん。 八百長やってるよりはよほど良いよ。
・客は喜んでるみたいやけど あかんのか?
・最近は溜席の妖精探ししかしてない
・見てないから知らんけどルール上問題ないなら別にええやろ

0 Shares