【憲法審査会】国民投票法改正案に野党4会派の半数は賛同、立憲と共産のみが合理的理由もなく採決拒否… 自民・新藤議員「採決の機は熟してるのは明白」

Mi2さんのツイート
憲法審査会。

自民党・新藤義孝
「本日で4回目の国民投票法改正案の質疑、議論は尽きている、採決の機は熟してるのは明白。与党に加え、野党4会派のうちの半数は賛同する中で、立憲民主党と共産党のみが合理的理由もなく採決という手続きを拒否してる」

立憲民主、共産の時間稼ぎ工作には心底ウンザリ。

Harth🗣️🗣
@ungood1984
返信先: @mi2_yesさん
もう茶番はいいので強行採決を早く
午前8:23 · 2021年4月22日
3
このツイートを共有

tono
@tono51765605
返信先: @mi2_yesさん
こうなったら立韓・共産を選挙で叩き潰すしかないが、国民の中には左翼工作員にまんまと騙される人々がどうしても一定数いるから厄介。
午前8:45 · 2021年4月22日
このツイートを共有

赤ベスト
@akavest
返信先: @mi2_yesさん
さっさと採決しろ
午前8:25 · 2021年4月22日
2
このツイートを共有

東壮介
@rave0024
返信先: @mi2_yesさん
採決しましょう、国賊はほっとけばよろしいです。
午前8:25 · 2021年4月22日
4
このツイートを共有

・採決しましょう。

・立憲と共産を無視して先に進めないものなの?

・逆になぜ採決が出来ないのか理由が聞きたい。

・きちんとした理由を述べて欲しい。仮にも国会議員だろ?

・日本を貶めたい日本滅亡を願う政党は無視で、強行採決できませんか!?日本の為にならない政党は要らないです!!

・わかりやすい妨害 邪魔でしかない

・4回も出席しながら合理的な拒否理由が示せないということ自体が立憲共産の答え。これ以上は時間の無駄。採決しましょう。

0 Shares