ドイツ・フランス、トランプ大統領のSNSアカウント停止に反対

独仏、トランプ氏のアカウント停止に反対-民間企業が言論の自由制限
▼記事によると…

・ドイツとフランス政府は、トランプ米大統領のアカウントを米ソーシャルメディアのツイッターが永久停止し、フェイスブックも凍結する対応を取ったことを批判した。

ドイツのメルケル首相は、両社の決定に異を唱え、言論の自由を規定するルールは、民間テクノロジー企業ではなく、立法府の議員が決めるべきだと主張した。

ドイツ政府のザイベルト首相報道官は11日の定例記者会見で、「選挙で選出された大統領のアカウントを完全に停止することに問題があると首相は考えている」と説明。 言論自由のような権利が「制限されることはあり得る」が、「それは法律によってか、立法府が決める枠組みの範囲内で行われ、一企業の決定によるものではない」と述べた。

一方、フランスのボーヌ欧州問題担当相は11日、ブルームバーグテレビジョンに対し、民間企業がこのような重要な決定を下すことに「衝撃を受けた」と発言。「これは最高経営責任者(CEO)ではなく市民が決めるべきだ。大手オンラインプラットフォームの公的規制が必要だ」と語った。

1/12(火) 8:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/b794e9f62bd92ec4e9b9bbff39f480aefc057bd8

返信先: @hoshusokuhouさん
やるじゃん、フランス政府
(表向きのアナウンスかもしれないが)
午前8:36 · 2021年1月12日

返信先: @hoshusokuhouさん
そう言えば安倍元総理のtweetをしばらく見ていないなぁ
午前7:58 · 2021年1月12日

返信先: @hoshusokuhouさん
EUがGDPR絡めて規制強化する口実できたな。
午前8:15 · 2021年1月12日

返信先: @hoshusokuhouさん
はいはいリップサービスリップサービス
午前7:48 · 2021年1月12日

・後手後手スカ政権は様子見?

・フランス頑張れ

・大正解だあ

・フランスも来た!ドイツ、フランス…DS側から譲歩を促す動きが出てきたということか?ガンバレ

・プラットホームには公的規制が必要。

・日本政府は黙りですか?

・おフランスさんもか…

0 Shares