日本学術会議・大西元会長が反論「千人計画との関係、悪質なデマ」「覚書は交わしたが活動実績はない」~ネットの反応「いや、その覚書どおりに中国科学技術協会と大阪大学、東京大学、東京工業大学、名古屋大学とかとの共同ユニットを度々開催してるじゃん」

立憲民主党など主要野党は15日、日本学術会議の会員任命問題に関する合同ヒアリングを開き、大西隆元会長から意見聴取した。大西氏は、中国政府が海外の研究者を知的財産窃取のためのスパイとして活用しているとされる通称「千人計画」と学術会議が協力関係にあるとの見方に対し「まったくない。関係あるかのような悪質なデマが流されている」と反論した。政府の担当者も「関わりはない」と明言した。

 大西氏は、平成27年に中国科学技術協会と協力や交流の覚書を結んだ点について「向こうの求めに応じて結んだ。覚書に基づく活動実績はない」とも語った。

 29年に学術会議が出した声明が科学者に軍事的研究を行わないよう求め、学問の自由を侵しているとの指摘もある。

 大西氏は、「自衛隊の自衛のための装備に役立つ研究をしたいという研究者が出ることはありうる。それを大学が潰してよいのかという問題がある」と言及。会議では、審査制度やガイドラインにのっとった研究を求めており、一概に禁じていないと説明した。

2020.10.16 00:16 産経
https://www.sankei.com/politics/news/201016/plt2010160001-n1.html
中国科学技術協会との協力覚書署名式

http://www.scj.go.jp/ja/int/workshop/index.html

平成27年9月7日、中国科学技術協会(中国・北京)において、大西隆日本学術会議会長と韓啓徳中国科学技術協会会長との間で、両機関における協力の促進を図ることを目的とした覚書が締結されました。

日本学術会議と中国科学技術協会の協力覚書

日本学術会議と中国科学技術協会間の協力覚書
(要旨)
日本学術会議と中国科学技術協会(以後、両機関)は、相互の関係を強化し、個人の研究者及びその関係者間のつながりを育むことは望ましいものと考え、以下の事項に同意後協力関係に入ることを希望する。
1. 出版物の交換や科学技術の会合、セミナー/会議等を含む学術活動の情報交換を行うこと。
2. 共通の科学的な利益のある分野において協力を行うこと。
a) アイディアや情報の交換のための研究者(若手、シニア両方)間の交流
b) 互いの研究者が参加する共同ワークショップ/セミナーの開催。両機関は相互の協議を通じて、これらのワークショップのトピックを決定する。
c) 科学情報の共有、国民の科学への理解の促進等

両機関は、本覚書の範囲内で推薦された研究者を、通常の慣行に従って受入れ、研究プログラムの調整や、現地サポートの対応を行う。
両機関間でまとめられた本覚書は、互いの認可組織の承認後に効力をもち、その効力はいずれかの機関が終了の旨を書面で通知した後6か月は引き続き効力を有する。
本覚書の円滑な実施にあたり、実施のための手順、財政的支援、その他必要と思われる詳細事項を決めるため、実施手続により相互が合意の上で補足される可能性がある。
本覚書は、2015 年 9 月 7 日に中国(北京)で英語により複写され、署名された。両文書ともに同様に真正なものである。
日本学術会議代表 中国科学技術協会代表
会長 大西 隆 会長 Qide Han
要旨

ネットの反応

名無し
いや、その覚書どおりに中国科学技術協会と大阪大学、東京大学、東京工業大学、名古屋大学とかとの共同ユニットを度々開催してるじゃん
 ↓
全日本中国科学技術振興協会

国家青年千人计划 & 国际青年学者引进项目 中国高校团赴日本招聘青年学者及海外高层次人才洽谈会 参会邀请信息公告-201804


※機械翻訳

**スペシャル**大阪大学
会議開催日:2018年12月18日火曜日
時間:17:30-20:00(17:30入場サイン)
共同ユニット:中国科学技術協会、大阪大学
場所:大阪大学吹田キャンパス4階銀河ホール
住所:大阪県吹田山田秋1-2、大阪大学吹田キャンパス
ゲスト:大阪大学博士、ポストドクター研究者、若手研究者・技術専門家
の活動形態:説教に注力+パーティション交渉+ディナー交換トーク

**京都スペシャル**
会議開催日:2018年12月19日(水)
イベント時間:15:30〜18:00(入場時間15:00)
共催:京都大学中国科学技術振興協会
会議会場:iroots LOUNGE京都大学前・吉田店前(ワンビアンロード、ローソンコンビニエンスストア裏)
詳細住所:京都大学吉田キャンパス
招待:京都大学での日本と中国の博士課程の候補者、ポストドクター研究者、若手研究者、科学的才能
活動形態:集中プレゼンテーション+分割交渉+ディナー交換トーク

**名古屋スペシャル**
会議日:2018年12月20日木曜日
会議時間:12:00-14:30(11:30入場サイン)
共同ユニット:名古屋大学中国科学技術協会
場所:名古屋大学科学農業棟
SA329の詳細な住所:銭464-0814愛知県名古屋市千草地区ブロチョ招待
:博士候補者、名古屋地域の博士研究員、日本と中国の若手研究者や科学者

**東京工業大学セッション**大学
会議日:2018インディアン12越21 Riを金曜日
時間:午前12時30分 – 午後02時30分(入場出席時間12時20分)
主催:東京工業大学の中国科学技術協会
会議会場:上海、大安、
魏安2階招待状:東部工科大学日本・中国の博士課程の候補者、博士課程後の研究者、若手研究者、科学技術の才能 活動形態:集中講義+昼食交換

**東京セッション**大学
会議日:2018年12月21日金曜日
会議時間:18:30-20:30(18:00入場サイン)
共催ユニット:東京大学中国科学技術協会
会場:マウンテンホール-本館会議室
招待先:東京大学、東京工科大学、つくば大学、和田田大学など、東京の若手研究者やポストドクター研究者。

魚拓
https://archive.is/lELe5

覚書交わしておいて何をいまさら
日本での軍事研究は反対しておいてなんだよ

今こそ、マスコミの底力を見せるべき。
本気で取材を重ねれば、千人計画」と学術会議の関係などすぐ見つかる。

やるわけないだろ

必死になるなら真実だったな

覚書認めるんかーいww

覚え書きは交わしたが交流はないってどういうこと? 結婚はしたがセックスはしていないみたいなもんか

覚書を交わせば、個々の大学はそれを口実に中国と積極的に協力するようになる

そもそもそんなチェックなんかしてないのにわからないだろ

覚書は交わしたが交流はないって
 
すごいね

直接的な関係はないにしても、軍人研究者を受け入れたのであれば、中国の軍事研究に協力したことは間違いなのでは?

>一概に禁じていないと説明した
 
こういう言い方って言い訳とか言い逃れなんだよね
一概ではないが禁じてたと思って間違いない

元会議メンバーが暴露してだだろ

デマじゃないだろw 事実だろw

0 Shares