日本の新型潜水艦『たいげい』進水、韓国ネット「怒りが込み上げる」「潜水艦戦では韓国には到底及ばない」

日本の新型潜水艦「たいげい」進水、韓国ネットはそのデザインに注目「怒りが込み上げる」
▼記事によると…

・2020年10月14日、韓国・聯合ニュースが日本の海上自衛隊の新型潜水艦の進水式について報じ、ネット上で注目を集めている。

・韓国の多くのネットユーザーが注目したのは「たいげい」のデザイン。前方が旭日旗模様になっていることから「何を考えているのか?」「怒りが込み上げてくる」「戦争の準備か」と物議を醸している。

また、日韓を比較して「日本の軍事力はばかにできない。韓国よりもたくさんの国防費を投じている」「日本は国防力を高めることに力を入れてるのに、韓国の政治家は反対してばかり」「敗戦国の日本は好き勝手に軍事費用を増やしてるのに、韓国はいつも米国の顔色をうかがってばかり」などため息交じりの声も見られる。一方で「そしたら韓国は200隻造ろう」「潜水艦戦では韓国には到底及ばない」と意気込む声も見られた。

2020年10月15日(木) 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b844440-s0-c10-d0127.html


ネット上のコメント
・まともに答える気にもなれない

・海上自衛隊の潜水艦進水式は、大体このスタイルなのに、なーんでいまさら

・何とかのひとつ覚えみたいなもんですね。飽きないのかな?

・本当に…あなた方は日本が大好きですよね。ほっといて欲しいわ。

・軍旗に文句言われる筋合いない。日本の潜水艦何だから日本の軍旗が当然。日本人は韓国軍の軍旗に文句言わない。

・人んちの進水式どんだけ見てんだよ。

・思い込みでここまで恨めるってある意味凄いよな。

0 Shares