40代の男性が芽生えた恋心を相談コーナーにぶつけると… 返ってきた痛恨の一撃に笑う

http://hanaku.info

皆さん、恋心が芽生えてしまったとき、どうしますか?

人はいつになっても恋をするもの。
しかし、それが時に結婚した「後」にも起きてしまい、自制が効かずに「不倫」をしてしまう人も大勢います。

そんな大人の「恋心」について、読売新聞の人生相談を行った40代の会社員男性とアドバイザーのやりとりが話題を集めています。

40代男性は妻子がいるのにもかかわらず、職場にいる子どもと同い年の女性を好きになってしまったそうです。

その胸に秘めた想いを赤裸々に綴り、どうすればいいのかと真剣に相談するのですが、アドバイザーから想像をしていなかった痛恨の返信が返ってきたのです。

アドバイザーはどんな返信をしたのでしょうか?

話題を集めたのはこちら。

20歳の女性に恋をしたことを相談する40歳男性。

そして、作家の出久根達郎さんが男性に痛恨の回答をしました。

「何もかもあなたの『幻想』です」
「一歩踏み間違えれば何もかも失うだろう、と悪い方を考えてごらんなさい。目が覚めるはず。」
ズバッと的確に、40歳男性の恋心をぶち壊しました!

この投稿を見たユーザーは…

男性がこの恋心に従って行動すれば、それは「不倫」となり周囲の人を悲しませることになります。
とはいえ、相談者の男性も不倫や離婚を望んでいるという相談ではなく、どうやって恋心を自制すればいいかという相談だったので、このような手厳しい回答が来たのだと思います。

近年、芸能人の歳の差結婚が多く、淡い希望を抱く男性も多いことでしょう。
恋心を抱くのはもちろん問題ないこと。
しかし、周りに迷惑をかけないように振る舞うのが「大の大人」の行動なのではないでしょうか。

 

0 Shares