無口な夫が小学生の娘と入浴中。ふと覗くと、その中でしていた事に固まった

http://hanaku.info

結婚して11年。
現在は夫と息子、娘の4人家族です。

息子は小学校5年生で、娘はまだ小学校1年生になったばかり。

育ち盛りの子どもたちに囲まれ、賑やかな家庭をイメージされる方も多いかもしれません。

しかし、ウチは基本的に物静かな家庭です。
それは夫の性格が1番の理由なのかもしれません。

いつも無口で、普段からあまり笑ったりしない言わば厳格な父的存在の夫。
もちろん外出や旅行などは積極的に連れて行ってくれますが、それでもやはり口数が少ないタイプです。

しかし先日、そんな夫の意外な一面をたまたま見た事で、家の空気はガラリと変わる事になったのです。

いつも残業などで帰りが遅い夫ですが、その日はかなり早めの帰宅。

子どもたちも揃っていたので、久しぶりに早い時間から家族揃っての夕飯になりました。

夫と私はお酒を飲みながら子どもたちは学校での出来事を一生懸命話しながらの、何とも平凡で幸せな時間。

そんな中でも、あまり表情を崩さず淡々と話を聞きながら焼酎を飲む夫。
いつもの事なので特段気に留めてはいなかったのですが、皆んなが食事を終えた頃に夫が突如驚きの一言を発したのです。

よし、今日は俺と風呂に入ろう!
いつもなら絶対に子どもたちをお風呂に入れない夫から出たまさかの一言に私は驚きました。
子どもたちのお風呂はだいたい私の役目。

しかし、その日は違ったのです。

息子は過去に数回ありますが、娘は夫とお風呂に入るのは初めて。
ただ、「パパと入れるー!!」と子どもたちは大喜び。

今日は機嫌がいいのかな?
そんな事を思いながら夫に子どもたちを任せる事にしました。
ウチの浴室は、一階ではなく二階にあります。

そのため、3人がお風呂に行くとリビングはかなり静か。

私は夕食の後片付けを終え、着替えや下着を置きに行こうと浴室のある二階へ。

すると、何やら大声が…

ギャーーー
ワァーーー
子ども達の大声に私は驚き、「何事!?」と風呂場のドアを開けました。
すると、そこには想像もしていなかった光景が…

いつも物静かで無口な夫が、まるで自分も子どものように3人でお湯を掛け合ったり、はしゃいで遊んでいたのです。

いきなり私がドアを開けた事で、

お、おい!何だよいきなり!!
顔は赤面し、恥ずかしそうな表情で慌てる夫。
しかし、子ども達が、

パパめちゃくちゃ面白いよー!!
パパね、お風呂の中に潜ってたよー!!
そう嬉しそうに教えてくれました。

夫のあまりにも意外な一面と、子ども達とそんなにはしゃぎながら遊んでいる姿など見たことのなかった私は何だか嬉しくなりました。

もしかしたら、本当は凄く恥ずかしいだけでもっともっと感情を表に出したいのかもしれません。
特に男の人は、長年連れ添ってもそういった本音を出せないとよく聞きます。

その日から、少しずつですが、夫の表情も柔らかくなり、今までよりも家庭内が少し明るくなった気もします。

一見、気難しそうな人や恐そうな人がいても、それは見た目の問題。
そしてそのイメージからその人のカラーを決めつけがちですが、どんな人も「引き出す人の受け方」や「側にいる人の接し方」で本当の姿を引き出してあげる事が出来るのかもしれませんね。

0 Shares