日韓の今後について、小野寺五典氏「同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」

http://hanaku.info

日本前防衛相「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視を」

▼記事によると…

・小野寺五典前防衛相が4日、日韓関係の悪化に関連し、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の主張をした。

・小野寺氏は、米国ジョージ・W・ブッシュ政府で大統領特別補佐官を務めたマイケル・グリーン氏が最近のメディア寄稿で「オーストラリアからシンガポールまでアジア国家のほとんどの政府は現在の日韓関係悪化の主要な原因は韓国にあるとみている」と指摘した部分を集中的に浮き彫りにし、韓国を相手にするよりも国際世論に訴える方がよいと主張した。

小野寺氏は「韓国に対して何か言うよりもむしろこのような国際社会の雰囲気が韓国には強力なメッセージになる」としながら「韓国とは同じ土俵に上がってさまざまにやり取りをしても仕方がない。むしろ国際世論に訴えていくことが大切」と述べた。

・一方、安倍首相は韓国との葛藤問題を国際世論に訴えなければならないという小野寺氏の主張に対して「国際社会の理解を得ようと努力していくのは当然のこと」と同調した。

2/5(火) 6:20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000001-cnippou-kr

▼ネット上のコメント

・「丁寧に無視」って言葉が流行りそうです。

・小野寺議員の防衛大臣復帰を希望します。

・「丁寧に」無視は小野寺委員の優しさがにじみ出たよい言葉ですね。韓国を無視しながら、韓国制裁案の議論もしっかりお願いします。

・無視と制裁をでしょ。

・大臣とかの役職ついてないから言えたのかもしれないけど、日本の国会議員さんが最低でもこの程度は共有してもらいたい認識。

・スパイが居ますね

・カムバック小野寺さん!

 

4K Shares