在日米軍トップ「尖閣周辺で日本を助ける義務まっとうする」

在日米軍トップ「尖閣周辺で日本を助ける義務まっとうする」
▼記事によると…

・在日アメリカ軍のトップ、シュナイダー司令官は29日、オンラインで記者会見を開き、まず「北京は東シナ海と南シナ海で攻撃的で悪意ある行動を続けている」と中国を批判しました。

そして、沖縄県の尖閣諸島周辺での中国の行動について「ここ100日から120日の間、いまだかつてないレベルで日本の領海に侵入している」と述べ、かつてなく活動を活発化させていると指摘しました。

そのうえで「尖閣諸島の状況についてアメリカが日本政府を助ける義務をまっとうする」と述べ、アメリカ軍として周辺海域での警戒監視や情報収集、偵察活動を強化して日本を支援するという考えを示しました。

2020年7月30日 0時06分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540041000.html
ネット上のコメント
・恥ずかしいなぁ… 本当は自国は自分の手で守らないといけないのになぁ…

・凄くかっこいい発言でとても有り難いのですが、日本の男の立場が無くなりませんか これで良いのか?日本

・アメリカに言われる前に自国は自分たちで守らなきゃ。日米がお互いに守り合うような関係になってほしい。

・ややこしい海域は、全て、平和利用の為の海域と法律で設定しといて欲しい軍事に、軍備に、使用出来ないように、徹底して欲しい。海はみんなの海です。

・記事見たら、中国は「古くから中国の固有の領土だ」とか抜かしてて軽くムカついた。
日本が自力で守れないのは情けないのは本当なんだけど…でも尖閣に関しては本当に困ってるから、助ける!って公言してくれる人がいるだけで泣きそうになってしまう……

・日本をダシに使うなら、こっちも徹底的に利用すれば宜しい。トップのスピードある決断力にかかってる。

・いつか日本の大切なものは日本人自身でちゃんと守れるようになりたいです…情けないし悔しい…

0 Shares