台湾、西日本豪雨災害で義援金300万円贈る

台湾 九州など西日本の豪雨災害で義援金300万円贈る
▼記事によると…

・日本との窓口機関である台湾の駐日代表処の謝長廷代表は、30日、都内にある日本台湾交流協会を訪問。

・熊本県や福岡県など、西日本を中心とした記録的な豪雨によって、大きな被害が出た被災地の復興に役立ててもらおうと、台湾当局からの義援金として、300万円の目録を協会の谷崎泰明理事長に手渡した。

・謝代表
「台湾で地震が発生した際には日本からも支援をしてもらい、勇気づけられた。被災地の復興に少しでも役に立てば幸いです」

・台湾は、2011年の東日本大震災をはじめ、地震や豪雨による災害の際に日本に義援金を送って被災地を支援している。

2020年7月30日 15時41分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540931000.html
ネット上のコメント
・台湾マジで優しい…

・口数少なく、手数多くの台湾には心より尊敬いたします。🙏

・「いつもありがとな」としか言えない。見どころたくさん、飯美味い、人親切、落ち着いたらまた行くぞ!

・台湾からの支援、恩情にはいつも感謝しかない😄

・台湾はいつも気づかってくれるが、我々の国は台湾にお返し出来ているのか?!

・台湾の方達のご厚情に深く感謝します。

・本当に心から感謝です。コロナ終わったら必ずまた行きます。

0 Shares