中国・王毅外交部長「米国に取って代わろうとする意思はない」「最も期待しているのは世界の平和と安定」

中国 米国に挑戦の意思はない=王外交部長
▼記事によると…

・王毅国務委員兼外交部長は9日、中米シンクタンクメディア動画フォーラムにメッセージを送り、「米国に挑戦するまたは取って代わろうとする意思は毛頭なく、全面対抗する意思もない」という中国の立場を示した。

・王部長は中国の取り組みについて「中国が最も関心を寄せているのは国民の福祉を高めることであり、最も重んじているのは中華民族の復興を実現させること、また最も期待しているのは世界の平和と安定である」と強調。

・そのうえで、「米国とは、衝突せず、対抗せず、尊重・協力し合い、共に繁栄して、協調、協力、安定化を基盤とした関係を持ちたい。この目標への実現には、両国が同じ目標に向かって歩み寄ること、国際法や国際規則への尊重、平等な対話と協商などが求められる」との見方を示した。

2020-07-09 12:38
http://japanese.cri.cn/20200709/1c2110e7-5ca6-4ee8-830f-4e3ec954e925.html
ネット上のコメント
・急に日和ったな

・99年守る約束の一国二制度はどうなりましたか?

・李克強や王毅は思ってないかもしれないが習近平は確実に思ってるぞ

・じゃあ早く民主主義やらないとアメリカは納得しないぞ

・アメリカ国内でいいように引っ掻き回されてるみたいだし、中国の方がアメリカより上なんじゃないか?

・誰が信じるんだよw

・口先だけで行動が伴わない

0 Shares