中国メディア「日本の製造業が『匠の精神』なら、我が国は『パクリ精神』だ! そしてパクリ精神の方が強い」

http://hanaku.info

▼記事によると…

・中国メディアの快資訊が、日本に匠の精神があるならば「中国には山寨精神がある」と主張し、実際に勝負するとなれば中国の山寨精神の方が強いと主張した。

記事が主張している「山寨精神」を日本語に訳すならば「パクリ精神」となるだろう。
(※山寨(さんさい)とは、中国語で「模倣品、ニセモノ」などを意味する言葉。)

記事は「近年の日本の製造業は必ずしも順風満帆ではなく、捏造や隠蔽といった問題が多発している」と主張する一方で、それでも製品の品質が高いと評価されているのは「日本人に匠の精神があるため」であると主張。

日本に匠の精神があるならば「中国にはパクリ精神がある」とし、中国製造業が品質を高め、一部の分野で世界的なシェアを獲得していることは「パクリ精神の方が優れているためである」と主張。

「匠の精神は消費者のニーズを無視し、作る側による自己中心的な考え方だからだ」とし、匠の精神によって作られた製品は確かに品質は高く、まるで芸術品のような美しさを持つが、価格は高く、求められている以上の機能を持つなど、ニーズからかけ離れた製品になっていると論じた。

一方で中国のパクリ精神は「あくまで消費者を第一に考えている」とし、消費者が求めるものを「早く、安く届けるという考えに基づくのが中国のパクリ精神である」と主張。

多くの消費者は「できるだけ安く、基本的なニーズを満たす」ことができれば問題ないとし、だからこそ、匠の精神はパクリ精神には勝てないのだと主張。

2019/01/11 08:12
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4615699

▼ネット上のコメント

・パクってるという自覚はあるわけね、一応

・開き直っちゃったよwww

・なんだその開き直り

・技術の始まりが模倣にあること自体は悪いことじゃないんだが、劣化コピーでデチューンしてのコストダウンに終止したら技術の発展がないのは当たり前だし、場合によっちゃ肝心な部分まで削り落としてしまう本末転倒ぶりだからなぁ

・パクった『自覚』があるならまだ大丈夫。世の中にはパクったのに起源を主張しオリジナルをデスりまくる国があるから。

・しょっぼい劣化コピーしてる昔のうちは笑えたんだがね

・パクるのはいいんだけどブランド物の外見を真似たり技術を盗んで作ったりは止めようね。

 

 

3K Shares