世界一の億万長者”ビル・ゲイツ”が認めた日本人女性。その驚きの職業に誰もが唖然。

http://hanaku.info

世界一の億万長者、マイクロソフト社の会長、ビル・ゲイツさん。

彼女は幼い頃にご両親を亡くしまました。
そのため、中学校を卒業した彼女はすぐに働きに出る必要があり、高校へ進学はしていません。

関西で育った彼女は、地元の大手百貨店に就職するために面接を受けることに。
しかし、面接官は彼女が孤児であることから、最初から冷たい態度を取ったとのこと。

自分を受け入れてもらえることのない、と確信した彼女は、

『私のような者に働き口を提供するのも、あなた方の仕事なのではありませんか?これで失礼します。』

と席を立ったそうです。

彼女は、自分ではどうすることもできないことで自分が評価され、見下される。
当時15歳だった彼女は、辛くて悲しくて、涙が止まらなかったそうです。

そんな辛い経験をした彼女は、時を経て結婚し、一児をもうけ、家計のために働きに出ることに。

その仕事が、掃除のおばちゃんでした。

出勤は早朝、時間も不定期で土日も出社。
日によっては帰宅が極端に遅くなる日もあったそうです。

しかし、彼女は一生懸命仕事を行い、いつしかマイクロソフト日本支社のビルに配属。
清掃責任者を任されるほどになったそうです。

彼女は30名ほどの部下を使いながらも、自らも清掃を行います。

そんなある日のことです。

男子トイレの掃除を終え、清掃道具を持ってそこから出ようとした時、背の高い外人と入り口でぶつかりそうになりました。

その外人は「I’m sorry」と一言。

おばちゃんは思わず「ヒゲ、ソーリー」と答えてしまったようです。

この外人はどうやら日本語がわかるようで、笑いながら自分のあごの周りを撫でるふりをしながら「ひげ剃り?」と笑っていました。
その様子におばちゃんも笑いました。

なんとその外人があの億万長者ビル・ゲイツさんだったのです。

社員たちはみんな背広にネクタイをしていますが、大の日本好きであるビル・ゲイツさんはマイクロソフト社の中で、いつも日本の作業衣を着ているそうです。

そしてどこに行くにも、常にビル・ゲイツさんには2名のボディガードがついているのですが、トイレの時は入り口に待機しているそうです。

そのため、ビル・ゲイツさんは一人でトイレのドアを開けて入ってきたのでした。

その時に交わした言葉はこれだけ。

トイレで鉢合わせ、ヒゲソーリーと冗談を言ったなどというのは、誰でもすぐに忘れてしまうような些細な出来事ですよね。

ところが、それから間もなくしてあったクリスマスイブの社内パーティーで、おばちゃんは突然パーティーに参加するようにと内線電話で呼ばれたそうです。

しかし、仕事中であったおばちゃんは、「他の掃除のおばちゃんたちもいるから行けません」と断ったそうです。

するとしばらくしてから再度内線がかかってきました。

「おばちゃんたち全員、参加してください。ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です。」

というのでした。

やむなくおばちゃんは当日出社していたおばちゃんたち全員を集め、みんなでパーティー会場に足を運ぶことに。

もちろん、オシャレなんてしていません。
普段の作業着のままで会場へ。

恐々と会場に入っていくと、そこにはたくさんの社員たちがいました。

そこには当然、ビル・ゲイツさんも。

普通の社員であれば、ビル・ゲイツさんと直接会話なんてできません。
しかし、ビル・ゲイツさんはおばちゃんを見つけると、とても嬉しそうな顔をして、

よく来てくれました!

と言い、抱きかかえんばかりに歓迎をしたそうです、

そして、社員一同に、このおばちゃんはすごい日本人で、僕が大好きな人です!と紹介しました。

一緒にいた他の掃除のおばちゃんたちも同じように歓迎するビル・ゲイツの姿に、周りの社員たちは本気でおばちゃんたちを尊敬し、親しみを込めていることが伝わってきたそうです。
掃除のおばちゃんというのは、世間から見ると会社の中の主役ではありません。

トイレで出会っても、廊下ですれ違っても、その存在を意識していない人もいるかもしれません。

しかし、ビル・ゲイツさんは、どんなに辛い仕事であっても何十年その仕事を誠実に行い、しかも「ヒゲソーリー」というユーモアとウィットを忘れず、堂々と自らの仕事に精を出す彼女の姿勢、本来の日本人の典型を見出したのかもしれません。

日本が大好きなビル・ゲイツさんは、彼女が誠実に毎日の清掃をしていること、自分の仕事に誇りを持って生きていること、そして彼女が胸を張って堂々と生きていることを瞬間に見抜いたのだと思います。

世界を知る大人物のビル・ゲイツが、日本でただひとりの信頼できる友人とまで称したこのおばちゃん。
同じ歳の旦那さんはある会社の経理をしていて、定年後もその手腕を買われて会社に残り、高給をとっておられるそうです。
つまり、彼女は、別に働かなくたって、十分飯を食って生けれるだけの収入があるのだとか。
しかし、彼女はこのように語ったそうです。
「働かないと体がなまるし、働くことで毎日人のお役に立てれることがとっても嬉しいのです。」
自分の体を気にしながらも、他者のために尽くすという精神に喜びを感じる彼女の姿に尊敬してしまいます。

このようなキレイな心を持つ女性の姿を、私たちは見習わなければなりませんね。

0 Shares