【悲報】河野太郎「男系、女系に関わらず、皇室の維持を図るべきではないか」 2020年06月29日01:43 | カテゴリ:自民党

衆議院議員 河野太郎公式サイト

皇室の危機を回避する
二、男系、女系に関わらず皇室の維持を図るべき 男系の維持が困難であるならば、次善の策は、男系、女系に関わらず、皇室の維持を図るべきではないか。そのためには皇室典範を改正し、長男継承を長子継承に改めるべきではないか。

その場合、親王殿下だけでなく、内親王殿下、女王殿下も宮家を創設し、継承順位に従って、天皇位を継承していくことになる。

たしかにこれまでの天皇家の歴史を変えることになるが、男系天皇を維持できない可能性が高く、その場合、皇統そのものが断絶することになり、その危機を回避するためには皇室のあり方を変えることもやむを得ないのではないか。

https://www.taro.org/2016/10/%E7%9A%E5%AE%A4%E3%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%92%E5%9B%9E%E9%BF%E3%99%E3%8B.php

ネット上のコメント
・あ。本当にこう思っているのなら、これでもう、未来の総理のイスは無くなった。

・やはり河野洋平の息子だったか

・これは河野潰し、では。彼の発言はそんなに単純な女系天皇容認ではなく、論理的な最終的に残された選択肢の一つとして述べたまで。その指摘は、竹内氏自身否定していない。

・例えば、女性天皇が文大統領に恋して子供が産まれたら天皇陛下と崇めることが出来るかという問題。

・皇統の断絶とは、男系の断絶の事なんだが……。

・率直に言って、この人には大いに失望した。

・この人は前からこんな感じでしょ。

0 Shares