「マグロからアニサキスが出てきた」厄介なクレーマーを一蹴する魚屋さんの返しが爽快!

http://hanaku.info

ここ数年で話題に挙がることの多いアニキサス、虫が体内で暴れまわり尋常ではない痛みに襲われる食中毒で、日本人が大好きな生の魚介類が原因であることが多く、ひとごとではありません。

芸能界でも品川庄司の庄司智春さんがサケイクラ丼を食べて、アニキサスが体内で暴れまわった経験を明かすなど、これによる食中毒者数はここ10年間で25倍に急増しているそうです。

そんなアニキサスに関するエピソードをTwitterユーザーの魚屋さん@祝!!ガタガール復活!!(@Love_marinelife)さんが投稿し、話題となっています。

名前の通り、魚屋を営んでいるそうなのですが、とあるお客さんからこんなクレームを頂いたそうです。
「解凍のマグロからアニサキス這い出て来たじゃないのどうしてくれるのよ食べられないじゃない」

これは大変!しかしながら魚屋さんはこのクレームに対して、いとも簡単に爽快すぎる返しのひと言を放ち、クレーマーを黙らせたそうなのですが、どんな言葉だったのでしょうか。

それがコチラ。

客「解凍のマグロからアニサキス這い出て来たじゃないのどうしてくれるのよ食べられないじゃない(# ゜Д゜)」

魚屋「えっ!?-60℃の冷凍状態からアニサキスが復活したんですか研究機関に持ち込みたいので買わせてくださいお願いします」

これ以降電話はかかってきませんでした

— 魚屋さん@祝!!ガタガール復活!! (@Love_marinelife) May 15, 2017このお客さんから受けたクレームは明らかな嘘であると見抜いた魚屋さんは、そこは冷静に中途半端な知識には正しい知識で返してみせたのでした。

完全なる魚屋さんの勝利です。

ちなみに魚屋さんは魚の内臓からアニキサスを採取したそうで、その画像を公開しています。
とある魚の内蔵から摘出したアニサキスです。筋肉からは採取できませんでした

-20℃で24時間冷凍するか60℃で1分加熱すれば死滅します。発見して取り除いてしまえば害はありません(アレルギーなどの例外はあります)

明日はアニサキスと上手く付き合い予防する魚屋の知恵をつぶやきます pic.twitter.com/8RPhQQsfbL

— 魚屋さん@祝!!ガタガール復活!! (@Love_marinelife) May 16, 2017そして予防方法に関しても教えてくれる魚屋さん。

アニサキスの予防法で加熱と冷凍は紹介されてますので別の方法をご紹介します

その方法とは画像のように魚に切り込みを入れ冷蔵庫で1時間ほど冷やすという方法です

切り込みを入れ冷やすことにより虫を切り殺し、身の奥に潜む虫を炙り出し取り除く事でアニサキスリスクをゼロに近づけてます pic.twitter.com/7wD6rUhohM

— 魚屋さん@祝!!ガタガール復活!! (@Love_marinelife) May 17, 2017
お店で食べて、予防するのは難しいですが、自分で調理する際は魚屋さんが指摘していることに注意しながらさばいてみてくださいね。

そして何よりも、知識ある人へのクレームは、後で泣きを見ることになることが十分に分かるエピソードだったのではないでしょうか。

0 Shares