「もし、あなたの車にお札が置かれていたら?」それは決して手に取ってはいけません…

http://hanaku.info

もし、車に乗車しようとした時、フロントガラスの上にお札が置かれていたら…」
 
 

泥棒や詐欺師はいつでもどこでも私たちの隙を狙っています。
鞄や財布、時には車だって彼らの標的になることも・・・
 
近年では防犯装置などの発達により、泥棒も犯行しづらくなってきています。
車の盗難など、特殊な器具無しでは難しく、日本では2003年に6万5000台だった自動車盗難も、2014年には1万6000台まで減少しています。
 
しかし泥棒も時代の流れに負けず、創意工夫を凝らし犯行に及ぶ輩もいるのです。
 
今回は最近海外で横行している悪質な泥棒の手口をご紹介します。
 
日本ではまだ確認されていない手口のようですが、事前に手口を知っておく事で対策をしておきましょう!
この自動車盗難事件は、スーパーの駐車場でよく起きるようです。
 
買い物を済ました車の持ち主は、トランクに買ったものを詰めて運転席へと乗り込みます。
 
そしてキーを挿し、エンジンをかけ、出発しよう!と前方に目をやるとワイパーに何かが挟まっているのに気がつきます。
なんと挟まっているものは『紙幣』
 
ここで「ラッキー」と思ってしまった方もいるかと思います。
しかし実はこれ、泥棒の仕掛けた罠。
 
暗い駐車場などでは、運転席に座ってからでないとこの紙幣の存在に気が付かない人も多いでしょう。
 
そして、この紙幣を確認するために、車から一度降りる必要があります。
それもだいたいの人は、エンジンをかけっぱなし、もしくはキーを挿したままで出て行ってしまいます。
 
すると、自動車の影に隠れていた泥棒がそのまま運転席に乗り込み走り、去ってしまうという悪質な手口なのです。
 
この手口による被害が世界各国で多発しており、中には抵抗をするものの途中で車にひかれてしまった人もいるのだとか・・・。
Facebookユーザーである『カイリー・ヴィーマン』さんは実際にこの手口に遭遇し、このことをFacebookを通じ、友人に報告。
 
カイリーさんはクリスマスのショッピングを済ませて自動車に乗り込むと、ワイパーに100ドル札が挟まっていることに気がつきます。
 
カイリーさんは
 

 
「きっと優しいどこかの誰かが、若い私のためにお恵みを下さったんだわ!」
 

 
と信じきっていたのだそう。
「先週、141沿いのグラヴォア・ブラッフス・プラザのマイケルズに買い物に行った。家族の初めてのクリスマスの為に、ママと一緒にクリスマスツリーの飾り付けを買いにいったの。買い物を終えて、車に戻って、ママと別れて、エリーをやっとの思いでベビーシートに乗せて、さあ家に帰ろうと運転を始めた。しばらく走ってたら、ワイパーに100ドル札が挟まってるのが分かった。」
 
と、投稿しました。
 
車を停止させて、車の外に出たカイリーさんはこの100ドル札が偽物である事に気がつきました。
お札に似せた紙切れには、
 

 
「本物だと思っただろう?」
 

 
と一言書いてあったようです。
 
気がついたのが運転を始めた後で本当に良かった、と胸を撫で下ろしました。
後部座席に座っていた1歳の息子が車と一緒に連れて行かれたら、と思うとゾッとすると言います。
簡単なトリックではありますが、人間の心理を利用したとても悪質な手口です。
まだ日本では、この手口での自動車盗難という話は聞きませんが、いつどこでこのような手口に遭遇するかわかりません。
 
もし、ワイパーの間に紙幣のような紙切れが挟まっていたら、それはあなたの自動車が狙われているサインかもしれません。
十分に注意をしましょう。

0 Shares